浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2018年10月13日

先輩のクリニック開院10周年記念パーティー参加

お世話になっている先輩の開院10周年記念パーティーに招かれ参加をしてきました。パーティー会場が、やや遠かったので間に合うか心配でしたが東北新幹線が利用できるところであったのが幸いでした。

診療が終わったのが午後4時すぎであり、クリニックから浦安駅までは近いのが幸いですが、それでも1分全力で走って、大手町から東京駅まで人に当たらないように全力で走ってと、走ってばかりで疲れました。

無事に新幹線に乗れ約1時間30分で到着、さすが新幹線!

午後6時からの受付時間にも、間に合うことができました。

パーティーは理事長である先輩の挨拶で始まり、来賓挨拶、乾杯、食事、すばらしいピアノ演奏・・・・という具合で癒されました。偶然にも同級生が先輩のクリニックで働いており、思わぬ出会いもありました。

私のクリニックも、今年の暮れで開院10年を迎えます。寒い時期です。

10年間に、私ごときでも色々なことがありました。

医療法人となり名称が変更し、地元で、今も住んでいる浦安の代表的はクリニックになるべきとしてせきぐちクリニックから浦安せきぐちクリニックと名称変更を再度行いました。

当院が閉院の憂き目を見ずに、晴れて10年を迎えることができるのは、いったい誰のおかげでしょうか? 

考えるまでも、ございません。当院を、頼りに思って来院してくださる皆様です。

私は皆様の手をとり、直接、感謝を申し上げたい。このため、当院もパーティーを開くべきかと考えました。しかし感謝を申し上げる方の顔を一人一人と思い浮かべ書き出してみると、その数があまりにも多く、

しかるべき会場がございません。だから、パーティーではなく、この場をお借りしてお礼を申し上げたいと思います。

「今まで当院を頼りに思っていただきありがとうございました。本当に元気になってくださって良かったと思っております。これからも元気でいてください。そのために、私は努力します。当院で良かったら

いつでも頼ってきてください。決して裏切りません。浦安せきぐちクリニックは、これからも皆様と共にあります。」

2018年10月10日

みずぼうそう(水痘)による学級閉鎖情報

浦安市内で、みずぼうそう(水痘)による学級閉鎖となった小学校があります。

児童への感染対策が、後々、高齢の方の帯状疱疹発症予防につながります。

感染が拡大しないことを希望します。

2016年10月14日

アミノインデックス

アミノインデックスは、血漿中のアミノ酸濃度を測定し、健康な方とガンの方とで濃度バランスの違いを解析し、ランクAからCの3段階でがんの可能性を評価するものです。

当院でも早々に導入し、多くの方に受けていただいております。
これにより、早期にガンを発見でき良くなったという方もおられます。

ランクAやBの場合は、検診を定期的に受けていただくようお勧めし、ランクCならば積極的に精密検査を受けていただくようお願いしております。
市の健診の際にアミノインデックスを受けていかれる方も多く、これもひとつの良い手かなと思います。

大事な体、大事な人を守るためにも当院はこれからもガンの早期発見に力を注いでいく所存です。

2016年3月3日

リンパ浮腫

肘、手、足関節では周囲のリンパ菅炎をきたし腫れが目立つことがあります。

これをリンパ浮腫と言います。

特徴は、全体的な腫れで、ときに赤みがあることもあること、そして、腫れのわりに痛みが少ないことが挙げられます。

2016年3月2日

CT検診は、X線検診に勝る

茨城県日立市では検診にCTを導入し積極的に肺がんを予防している。
その結果、X線検診よりも肺がんを3割ほど多く見つけ、結果として肺がんによる死亡も約4割減らせた。
また低線量とすることで、今まで問題であった被曝量が減らせ肺がんによる死亡も減らすことができるということです。

肺がんなどのスクリーニングレベルでは、レントゲンで十二分にわかるためこれで良しとしておりましたが、日立市の結果を見てしまうと、やはりCTも低被曝線量として積極的に使用すべきなのかなと考えさせられました。

2016年2月16日

FDG-PET/MRI

最近、フルオロデオキシグルコース-PETとMRIを同時に撮影して、癌をより見やすくして診断しやすいようにするという機器が開発されました。
確かに、画期的です。

私の個人的な意見ですが、このたびの対象となった癌の方の造影CTやMRI画像を見てみると、十分、癌とわかります。
技術の進歩は望ましいのですが目が慣れている先生方ならば、従来型の検査でも、わかるよなという印象を受けました。

今後の研究結果が待たれるところです。

2015年10月31日

はしか風しん混合生ワクチン「北里第一三共」およびはしか生ワクチン「北里第一三共」自主回収

はしか風しん混合生ワクチン「北里第一三共」およびはしか生ワクチン「北里第一三共」が自主回収されるようです。

有効な力価が得られない可能性があるための自主回収ですが、他の製造販売業者に厚生労働省が依頼しMRワクチンの予定前倒しで対応するそうです。

2015年10月30日

インフルエンザワクチン

今年も、インフルエンザワクチン接種の季節となりました。

予めインフルエンザと戦える状態にするのがワクチンの役割です。

当院は、関節リウマチの方々を拝見しておりますので、なるべく接種しやすい金額設定とさせていただいております。

2015年2月6日

整形外科枕

朝、起きたときに頭痛がする、頚が痛い、腰が痛いなど不快な経験はございませんか?

私は小学生のときから上記の症状に悩まされ様々な先生に相談したのですがなかなか改善されず、お手上げの状態で痛み止めが欠かせない生活を送っていたものです。
しかし、医師となった現在、ある程度のことが分かってきました。

それは、頸の骨の並びと枕、ふとんもしくはベッドが、これらの症状に深く関係するということです。

当院では、これまで、頸椎牽引、温熱療法、改善体操についてご指導させていただいておりましたが、これらに加えて枕とふとんを作成することが必要と考え、テレビでも取り上げられている16号整形外科の山田朱織先生と業務提携
を結ばせていただきました。

「整形外科枕」もしくは「玄関マット枕」などお耳にしたことはございませんか?

当院で枕の作成が可能です。
もし、頭痛、頚の痛み、腰の痛みでお悩みの方は、是非ご相談ください。

2015年1月5日

関節リウマチと癌

高齢化を迎え、癌はありふれた病気と言える時代になってしまいました。
関節リウマチの治療を複雑化させる原因の一つに癌があります。

関節リウマチを発症したあとに癌になってしまった、もしくは癌の発症後に関節リウマチになってしまったなど。
発癌と関節リウマチについて、さまざまな研究がなされていますが結論はでません。

その理由は、200人に1人くらいと言われている関節リウマチの方がすぐさま癌にはなりませんし、ほとんどの研究で偏りを避けた質の高いランダム化比較試験という手法を用いるため客観的な薬剤の治療効果を評価するには適しているものの癌のような人生の長い経過でおこる事象を扱うにはやや手法としては劣る点が挙げられます。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードしていただき、あらかじめ記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。

このページのトップへ