浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2017年2月15日

今年も来た来た花粉症!

今年も、花粉症の季節が来てしまいました。
くしゃみ、鼻水、鼻づまり・・・。
症状は、鼻だから耳鼻咽喉科にかかろうとだいたいの方は思われるでしょう。
なるほどなと思います。だから春先は耳鼻咽喉科はどこも混雑します。

花粉症は、ご存知のように、目のかゆみ、のどのいがらっぽさ、皮膚のかゆみなど鼻の症状だけではありません。
どうしましょう?

目がかゆい場合は、眼科に行くのですか?
皮膚がかゆい場合は、皮膚科に行くのですか?
花粉症だけで、耳鼻咽喉科、眼科、皮膚科の3科にかかるのでしょうか?

とてもたいへんです。

そこで、当院ではまとめて拝見できるように診療体制を整えました。
ぜひ、花粉症の診断から治療までご相談ください。

2017年2月14日

ノロウイルス対策

牡蠣や二枚貝を加熱不十分な状態で食べ、嘔吐、下痢を引き起こすノロウイルス。
インフルエンザ大流行の影に隠れていますが、感染したら大変です。

特に食品を扱う方だったり、我々と同様な医療関係の方が感染した時に、よく聞かれることは、どのくらい仕事を休まなければならないかということです。
ノロウイルスの排泄だけに着目した場合は、おのずと長期間排泄されますので長期間お休みということになりますが、これでは社会的な問題となってしまいます。
例えば、病院などでは機能が止まってしまいます。

そこで、当院では一つの目安ですが、急性胃腸炎の症状が出たら勤務しないこと、症状がなくなってから少なくとも48時間以上経過したら職場に戻って良いこととしております。

ご参考にしていただければ幸いです。

2017年2月12日

タミフル®

インフルエンザA/H3N2感染において、経口薬であるタミフル®と吸入薬であるイナビル®の比較がなされました。

結果として、解熱までに要する日数がタミフル®1.3日に対してイナビル®2日とタミフル®に軍配があがりました。

よって、当院では今の所、インフルエンザA型と診断させていただいた方は、服用が不適当な方以外、全員にタミフル®をお勧めしております。

2017年2月3日

生物学的製剤治療を受けた方における帯状疱疹ウイルス感染(浦安・新浦安・行徳・葛西・船橋のリウマチ科・内科・皮膚科・泌尿器科のクリニックならばせきぐちクリニック)

浦安のリウマチ科・内科・皮膚科・泌尿器科のせきぐちクリニックの院長、関口です。

帯状疱疹は、脳神経後根神経節に潜む水痘・帯状疱疹ウイルスが再び活性化されることでおきます。
診療の際、私は結構、気にしております。

この感染症についてアルゼンチンのJ.P.Pirola氏らはリウマチ性疾患を持つ方の特徴と帯状疱疹ウイルス感染の頻度をBIOBADASARのデータベースを用いて調べております。
BIOBADASARのデータベースには2016年1月の時点で3483人が登録され、平均年齢は56.1歳、女性がだいたい5人に4人でした。

疾患内訳は、関節リウマチが5人に4人でほとんどを占め、他に乾癬性関節炎、若年性特発性関節炎、全身性エリテマトーデスでした。そして、生物学的製剤を使用していたのは5人中3人くらいの割合でした。生物学的製剤の内訳は、40%がエタネルセプト、22%がアダリムマブ、10%がアバタセプト、8%がリツキシマブでした。

この中で25人に帯状疱疹が起こり、そのうち22人は生物学的製剤を使用しておりました。生物学的製剤使用から約11ヶ月ほどで帯状疱疹になっておりました。
22人の帯状疱疹罹患者の生物学的製剤使用内訳は、10人がエタネルセプト、4人がアバタセプト、4人がリツキシマブでした。

解析をさらに詳しくすると、ステロイド使用、生物学的製剤を使用している方に帯状疱疹となる危険性が高いことがわかっております。
逆にメトトレキサートは帯状疱疹の危険性が低かったと大変興味深い結果が発表されておりました。

このデータベースでは、1000人のリウマチの方を1年どうなるかと経過を追うと、セルトリズマブは5.5、トシリズマブは5.5、インフリキシマブは3.5、エタネルセプトは2.2、アバタセプトは2.2とだいたい2~5人は帯状疱疹を併発するようですが、なぜかアダリムマブだけは0.4と少ない結果でした。

?という結果です。

2017年2月2日

トシリズマブ(アクテムラ®)

生物学的製剤として、メイドインジャパンのトシリズマブ(アクテムラ®)は、ヒト化抗ヒトインターロイキン-6レセプターモノクローナル抗体という舌をかんでしまいそうなものですが、マウスからの抗体を遺伝子組換え技術を利用してヒト化した薬剤です。

関節リウマチの治療には欠かせない素晴らしい薬剤で、点滴と皮下注射の2種類が選べるのも利点の一つです。

また、トシリズマブ(アクテムラ®)は、他の生物学的製剤とは異なった機序で効果を出します。
この機序により、普通、感染を起こせば、熱がでたり、だるくなったりと何らかの症状がでてきますが、そういった症状が分かりにくくなってしまいます。

つまり重症になっても症状がないこともあるようです。

そこで、 対応としては、咳や痰などの軽いと思われる症状がでてきた場合にも、これくらいの症状は大丈夫と自己判断をせずに必ず、予約日でなくとも医師の判断を仰いでください。
当院では、そのような対応をされることを切に望んでおります。

2017年2月1日

リウマチ専門の意味について考えてみた

三省堂大辞林で、「専門」という言葉を調べると、一つの方面をもっぱら研究したり、それに従事したりすることとあります。
つまり、「リウマチ専門」とは、全身性の炎症性疾患であるリウマチをもっぱら研究したり、その治療に従事したりすることとなリます。

とある研究会に参加した時に、発表しているある医師が、自分のクリニックを初のリウマチ専門クリニックと紹介していたのを思い出します。
さぞかし、その診療体系は参考になるだろうと期待をしましたが、関節の腫れや痛みをもっぱら治療するだけで、通院中の方が感冒症状を呈した場合やリウマチ治療に伴う肺炎などの場合、つまり内科的な治療を必要とした場合は近隣の提携病院にお願いするということでありました。

確かに病診連携をしている点から診療体系は完成していますが、全国のリウマチ専門医の先生方は、すでに同じことはされているわけで特別さは全くなくがっかりしたことを覚えております。

関節リウマチは全身性の炎症性疾患であり、これを対象とするわけだから治療やそれに伴う合併症や副作用の対応全ての管理をしないと本当の意味で「リウマチ専門」とは言えないのではないかと私は考えて、そうあるべきと医療機器も揃え日々努力しております。

2016年12月19日

皮膚科と泌尿器科は、性病が仲人?

当院は、皮膚科を標榜しておりますので泌尿器科を標榜するに至りました。こう書くと、なぜと思われる方もおられるかもしれません。
答えは、歴史的背景です。

泌尿器科学は土肥慶蔵先生が1898年東京帝国大学に皮膚病と性病を対象とした教室を開いたことに端を発しました。
医学生のころに、そういえば勉強したなあと関係者ならば思い出されるかもしれません。

最近話題のロシアに勝った1904年日露戦争の少し前になります。
このときは良かったな。北方領土は日本固有の領土なのになと考えてしまいます。

話を戻しますと、当時、性病は梅毒と淋病がほとんどで、良い治療も無いから淋病で尿道炎をおこして尿道が狭くなり外科的に処置をしておりました。
加えて、梅毒は皮膚に病変をおこしますから、皮膚科学の出番となるわけです。

このように性病を介在とした土肥教授の皮膚科泌尿器学教室が発展し多くの優秀な人材を輩出するにいたったわけです。

時が流れて、化学療法の発展とともに性病が制御できるようになり、もともと外科系である泌尿器学の出番が少なくなり、皮膚科と袂を分かつという歴史的な背景がありました。

当院は、これからもどんどん進化し続けて行きます。
その一つとして、時代と逆行しているかもしれませんが元は一緒であった皮膚科と泌尿器科を連携させ、困っている方々へ少しでも手助けができればと考えております。

総合内科の知識を土台にした治療を心がけるのは当たり前のことではあります。
なにとぞ宜しくお願いします。

2016年12月16日

感染症情報

現在、注意すべきは流行性耳下腺炎、インフルエンザ、感染性胃腸炎、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎、マイコプラズマ肺炎、咽頭結膜熱、水痘などです。

皆さま、ご注意を。

2016年12月7日

泌尿器科標榜

「いつも待ち時間ばっか長くてよ。んでもって、ちょっと診て、後は薬だも。こんなんだったら、別に大学病院じゃなくてもな。」と

泌尿器に通う私の親類がこぼしておりました。
いつも何とかしてあげたいと思っておりました。

そこで、「泌尿器科」標榜を保健所に届け出、12月1日付で認可されました。
今後は、内科、リウマチ科、皮膚科に加え泌尿器科の分野でも切磋琢磨し、積極的に地域貢献のため当院は努めていきます。

今後とも何卒、当せきぐちクリニックを宜しくお願いします。

2016年12月6日

関節リウマチかと思ったら・・・

関節リウマチが心配ならば、以下の項目をチェックしてみてください。

□朝、起きたときに手足が動かしにくい、力が入りにくいという症状が15分以上ある
□1週間以上、3つ以上の関節が腫れている
□指先から2、3番目の関節や手首、足首、足の指の付け根の腫れが1週間以上続く
□腫れている関節を押すと痛みがある
□微熱や体重減少、全身倦怠感がある
□関節が変形している

もし、該当するところがあれば、一度、お越しください。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードしていただき、あらかじめ記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。

このページのトップへ