浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

診療について

MEDICAL CARE

皮膚科

乾癬

当院では、乾癬などの治療にも力を入れています。お悩みの方はご相談ください。

乾癬とは

慢性の皮膚角化疾患。乾癬の方の9割ほどは、皮膚の粉である鱗屑(りんせつ)が付着した赤い発疹が現れます。この赤い発疹は紅斑(こうはん)と呼ばれ、皮膚から少し盛り上がっており、頭皮、膝、肘など、外部から慢性の刺激を受けやすい部位に出来る傾向にあります。

男性の発症率が女性の2倍で、ひどい発疹のわりに、かゆみを伴う症状は全体の約半数です。まれに全身に症状が出る場合もあり、精神的に苦痛をおぼえている方が多い病気ですが、他人に伝染することはありません。

乾癬の種類

尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)

乾癬の9割を占める症状で、頭皮、膝、肘など、外部から慢性の刺激を受けやすい部位に出来やすい傾向にあります。病気の経過は慢性で、全身に症状が出る場合や、関節症性乾癬や膿胞性乾癬に移行してしまうこともあります。

滴状乾癬(てきじょうかんせん)

水滴のような小さな皮疹が全身に散在する症状で、経過が良い場合は他の皮膚炎と見間違うこともあります。風邪の時などに扁桃腺炎をきっかけに発症することが多いと言われています。

関節症性乾癬(かんせつしょうせいかんせん)

乾癬の皮膚症状に加え、リウマチに似た症状の強い関節痛を伴います。
1%から2%の方がこの症状にかかります。

乾癬性紅皮症(かんせんしょうこうひしょう)

乾癬の進行により、元の皮膚が見えないほど赤く炎症した状態。
まれに入院を必要とすることもあります。
この場合、なによりもまず炎症を抑える治療を施します。

膿庖性乾癬(のうほうせいかんせん)

発熱やそれに伴う倦怠感といった症状があり、膿疱(皮膚に膿がたまったもの)がたくさん出現します。
乾癬の中では症状が重く、注意が必要です。

乾癬の治療

乾癬の治療方法は、大きく分けて以下の4種類あります。

  • 外用療法
  • 内服療法
  • 紫外線療法
  • 生物学的製剤

それぞれの治療法には特徴があり、症状に合わせてこれらを単独、または組み合わせて用います。
一般的には、まず外用療法から始めて、経過を見ながら光線療法、内服療法、生物学的製剤などの治療を行います。

日常生活で気を付けること

感染の原因ははっきりしていませんが、遺伝的要素やストレス、食生活、また生活習慣病などが影響しているといわれています。適度な運動をすることでストレスを発散させ、生活習慣病を防ぐことができるので有効です。

また、酒やタバコなどを控え、バランスの良い食事を心がけることも大切です。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードしていただき、あらかじめ記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。

このページのトップへ