浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

診療について

MEDICAL CARE

内科の主な症状

高血圧

高血圧は、動脈硬化などの病気の原因となるため、高血圧と診断された方や、血圧が高いため治療が必要と診断された方は、たとえ症状を感じなくても、動脈硬化やその他の合併症を予防するために、血圧を目標の範囲内に調節し続けることがとても大切です。

高血圧って何?

血圧については、血圧=心臓が送り出す血液の量(心拍出量)× 血管の通りづらさ(末梢血管の抵抗)というかけ算で理解するとわかりやすいと思います。

上の血圧(収縮期血圧)と呼ばれるものは、心臓が収縮して血液を押し出す瞬間に血管にいちばん圧力がかかりますので、このときの血圧のことをさします。下の血圧(拡張期血圧)は、心臓が拡張するときは血管にかかる圧力がいちばん低くなるので、このときの血圧をさします。これらのどちらかが高くても高血圧と言います。

具体的には、診察室で測定した血圧(病院・診療所等で医師・看護師により測定された血圧)が140/90mmHg以上、家庭で測定した血圧が135/85mmHg以上を、「高血圧」としています。

高血圧になる原因は?

どうして高血圧が起こってくるかというと、原因がわかるのは全体の1割程度でほとんどがさまざまな原因でおこるため原因を特定できません。原因を特定できない高血圧を本態性高血圧と呼びます。 なお、高血圧になりやすい危険因子としては以下のものがあります。

1)遺伝、2)肥満、3)糖尿病予備群、4)ストレス、5)喫煙、6)飲酒、7)塩分の多い食事

さあ、高血圧になりやすいかチェックしてみましょう!
チェックの数が多いほど、高血圧になりやすいので、注意が必要です。

  • 濃い味つけのものが好き
  • 野菜や果物はあまり食べない
  • 運動をあまりしない
  • ストレスがたまりやすい
  • お酒をたくさん飲む
  • たばこを吸う
  • 血糖値が高いといわれたことがある
  • 炒めものや揚げもの、肉の脂身など、あぶらっぽい食べものが好き

高血圧の症状は?

高血圧は、自覚症状がほとんどありません。

人により、高血圧と診断される前から頭痛や肩こりを自覚される場合もありますが、これらの症状が高血圧の特有の症状ではないため定期的に血圧を測っていないと、高血圧を発見することは難しいです。かかりつけ医が大切な理由もここにあります。また、せっかく健診などで高血圧を指摘され「要精密検査」といわれても、自覚症状がないため放置し動脈硬化、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞を 起こし後悔される残念な場合があります。

このように症状がほとんどないままに、ひそかに血管を蝕み寿命を縮める結果、「サイレント・キラー」とも呼ばれるおそろしい病気です。

なお、日本では高血圧の人がとても多く約781万人もの人が治療を受けています。

治療目標

個々にあった降圧治療により以下のような降圧目標値が定められております。

家庭血圧 診察室血圧
若年・中年
前期高齢者の方
135/85mmHg未満 140/90mmHg未満
145/85mmHg未満 150/90mmHg未満
後期高齢者の方 忍容性があれば
135/85mmHg未満
忍容性があれば
140/90mmHg未満
糖尿病の方
CKDの方(蛋白尿陽性)
125/75mmHg未満 130/80mmHg未満
脳血管障害の方 135/85mmHg未満 140/90mmHg未満

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードしていただき、あらかじめ記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。

このページのトップへ