浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

診療について

MEDICAL CARE

リウマチ科

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

タオルをしぼる、物をつかんで持ち上げる(手首を上に曲げる)、掃き掃除をするなどの手を使ったときに、肘の外側から前腕にかけての痛みが出ます。
安静時には、痛みません。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)とは

由来

中年以降のテニス愛好家に多く見られ、テニスの ”バックハンド”により発症することが多いので、”テニス肘”と呼ばれるようになりました。

好発年齢

30~50歳台の女性

原因

病態や原因については、十分にはわかっておりませんが、一般的には、年齢とともに使い過ぎにより生じるとされております。

上腕骨外側上顆(肘)は、手関節や手指を伸ばす働きをする筋肉の起始部です。この役割をする筋肉を使いすぎると、この部位に、変性や微小な断裂がおこり痛みがでるようになります。特に、短橈側手根伸筋起始部の変性が原因とされております。

テニス肘
  1. ①長橈側手根伸筋(ちょうとうそくしゅこんしんきん):手首(手関節)を伸ばす働きをします。
  2. ②短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん):同様に手首を伸ばす働きをします。
  3. ③総指伸筋(そうししんきん):指を伸ばす働きをします。

診断のための試験

Thomsen(トムセン)試験

Thomsen試験

肘を伸ばしたまま、手関節を曲げる力に抵抗し、手関節を伸ばして痛みがでるかを調べる

Chair(チェア)試験

Chair試験

肘を伸ばしたまま、手で椅子を持ち上げて痛みがでるかを調べる

中指伸展試験

中指伸展試験

中指を上から押さえられるのに抵抗し、肘を伸ばしたままで中指を伸ばして痛みがでるかを調べる

当院での治療法

  • 患部の安静
  • 手首や指のストレッチ
  • 湿布や外用薬
  • テニス用肘バンド
  • 肘外側に局所麻酔薬とステロイドの注射

ほとんどが、これらの保存療法で軽快します。
保存療法が無効な場合は、手術を行うことがあります。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ