総合内科専門医によるその他の診療のご案内/浦安せきぐちクリニック

浦安せきぐちクリニック 内科・リウマチ内科・皮膚科・泌尿器科
浦安駅より徒歩3分 お問い合わせはこちらから 047-306-3557

ホーム > 診療のご案内 > 内科 > 不眠症

内科診療

診療のご案内

内科

不眠症

不眠症とは

不眠症の画像

1.長期間にわたり、夜間の不眠が続く。

2.日中に精神や身体の不調を自覚し、生活の質が低下する。

この2つが、認められたときに診断されます。
約5人に1人が不眠症です。とても、ありふれた病気です!

不眠のタイプ

1.入眠障害:
寝付きが悪いもの。
2.中途覚醒:
眠りが浅く途中で何度も目が覚めるもの。
3.早朝覚醒:
早朝に目が覚めてしまうもの。
4.熟眠障害:
眠ったが、熟睡できた感じが無いもの。

このように、4つに分けられます。

不眠症の種類

種類も多く、とても面倒です!

1.適応障害性不眠症:
急性・一過性の明確なストレスによる
2.身体疾患に伴う不眠症:
睡眠を障害し得る身体疾患(疼痛・痒み)による
3.不適切な睡眠衛生による不眠症:
誤った生活習慣・劣悪な睡眠環境による
4.薬物もしくは物質による不眠症:
誤った生活習慣・劣悪な睡眠環境による
5.精神疾患に伴う不眠症:
うつ病を主とした精神科的障害による
6.睡眠関連呼吸障害による不眠症:
睡眠時無呼吸症候群による
7.睡眠関連運動障害による不眠症:
むずむず脚症候群や周期性四肢運動障害による
8.精神生理性不眠症:
不眠以外に異常がない心理的・生理的なものによる
9.逆説性不眠症:
不眠と言うが不眠の証拠がないもの

眠りの種類~レム睡眠とノンレム睡眠

睡眠の深さ役割
レム睡眠働いている浅い見る記憶の整理と定着
感情の整理
ノンレム睡眠休んでいる深い見ない体の成長
組織の修復
免疫力の維持

レム睡眠の時は、目が早くピクピクと動くことより、英語でRapid Eye Movement:REM(レム)と名付けられました。

免疫力の維持に、睡眠は大切です。

 

睡眠ステージ

睡眠ステージ

眠ると、まずノンレム睡眠から始まり、一気に深い徐波睡眠の段階(矢印のよう)に入ります。
眠りについてから、1時間ほどすると徐々に睡眠が浅くなり、レム睡眠へと移行し、その後、またノンレム睡眠に移行し深い眠りに入り、眠りが浅くなりレム睡眠に移行します。

このように約90分の周期を、一晩に3~5回繰り返します。
睡眠の前半3時間(早期睡眠)は睡眠段階3~4の深い眠りが多く、後半(晩期睡眠)になるにつれて、レム睡眠が多くなり目覚めやすい状態になります。

 
浦安せきぐちクリニック通信 院長ブログ
まもれ関節
リウマチガイド
役立つ情報を発信しております
内科MCIスクリーニング検査プラス
オンライン診療と同意書
当院のお知らせをご連絡いたします
浦安せきぐちクリニック浦安駅より徒歩3分浦安駅より徒歩3分
診療時間
日・祝
08:45 - 12:3014:30まで
14:45 - 18:30

※診療時間の詳細は各科項目をご覧下さい。

電話予約

アクセスページへ