総合内科専門医によるリウマチ内科の診療のご案内/浦安せきぐちクリニック

浦安せきぐちクリニック 内科・リウマチ内科・皮膚科・泌尿器科
浦安駅より徒歩3分 お問い合わせはこちらから 047-306-3557

ホーム > 診療のご案内 > リウマチ内科 > 関節リウマチ・膠原病

リウマチ内科診療

診療のご案内

リウマチ内科

RHEUMATISM

関節リウマチ・膠原病

膠原病は、外から侵入してくる病原菌などを排除する役割の免疫機構が誤って自分自身を攻撃してしまう病気です。対称的な関節破壊により10年後には約半数が寝たきりになってしまう関節リウマチも、これに含まれます。

関節リウマチは、リウマチ専門医による早期診断と早期治療、そして内科的全身管理が行われれば治癒も夢ではないところにまで治療が進歩しております。
リウマチだから、関節が腫れて痛くて当たり前、良くならなくて当たり前というのは間違いです。

当クリニックでは、関節リウマチの診断から治療までのすべてを外来で行っております。「現在の治療で良くならない」「もしかしてリウマチかも」など、ご心配のある方は一度ご来院のうえご相談ください。

リウマチ・膠原病の対象疾患

  • 関節リウマチ
  • 若年性特発性関節炎
  • 乾癬性関節炎
  • 全身性エリテマトーデス
  • リウマチ性多発筋痛症
  • 全身性強皮症
  • 多発性筋炎/皮膚筋炎
  • 混合性結合組織病
  • 顕微鏡的多発血管炎
  • 結節性多発動脈炎
  • 高安動脈炎
  • 巨細胞性動脈炎
  • 成人発症スティル病
  • 強直性脊椎炎
  • 抗リン脂質抗体症候群
  • 多発性血管炎性肉芽腫症
  • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症
  • IgA血管炎
  • 反応性関節炎
  • SAPHO症候群
  • コーガン症候群
  • 炎症性腸疾患に伴う関節炎

膠原病に含まれる病気

関節リウマチ(RA)
対称的な関節破壊により10年後には約半数が寝たきりになってしまう
全身性エリテマトーデス(SLE)
頬の周りに蝶が羽を広げたような紅斑に加え、発熱、全身倦怠感そして多彩な臓器が障害される
強皮症
手先が冷え色が変わり皮膚も指でつまめなくなるほど硬くなり、肺、食道そして血管に線維化がおこる
多発性筋炎
「太ももが持ち上げにくくて階段が昇れない」、「手が疲れて髪がとかせない」など筋肉が冒される
皮膚筋炎
多発性筋炎の症状に加え目の周りに紫色の皮疹と手などに盛り上がりのある皮疹がでる
シェーグレン症候群
目と口が乾燥する
混合性結合組織病(MCTD)
多発性筋炎の症状がそれぞれ合併する
悪性関節リウマチ
関節リウマチに血管の炎症を伴い多彩な症状を呈する
血管炎症候群
障害される血管の大きさにより多彩な症状を呈する
成人発症スティル病
平熱と高熱が繰り返され高熱になる直前から出現し解熱すると消えてしまうサーモンピンク色の皮疹を特徴とする
リウマチ性多発筋痛症
高齢者に発病する比較的短期間のうちに肩や腰の周囲に痛みが出現し、発熱、体重減少などを伴う

関節リウマチとは

指の第一関節や背骨など冒されにくい部位はありますが、関節に炎症が持続し腫れて痛み、最終的には破壊される病気です。このため、治療をしないでいると関節破壊の進行とともに寝たきりになり寿命が縮みます。

しかしながら治療の進歩により、早期発見・早期治療をすれば良くなる方が多くなってきております。
実際、関節リウマチのため関節手術をされる方は減少しております。

関節リウマチと病名についた”関節”だけが冒される病気と勘違いしがちですが、心、肺、眼、耳、皮膚などの臓器が冒され、内科的な管理が必要な病気です。

関節リウマチの原因と頻度

遺伝子、喫煙、虫歯などの関連性も示されてはいますが原因不明の病気で、30~50歳代に発症し、女性の方が男性の4倍ほどなりやすく、約80万人くらいの方が罹患されております。

関節リウマチの症状

関節症状

朝の関節のこわばり(朝の関節のこわばりとは、朝起きてしばらく関節が思うように動かないことです。早朝の家事や仕事がつらいこともあります)、関節の腫れと痛み。

関節以外の症状

微熱、倦怠感、気分の沈み、皮下結節(肘、膝、アキレス腱、後頭部などこすれやすい場所に”リウマトイド結節”と呼ばれる症状もない瘤ができることがあります)、貧血、間質性肺炎など肺の障害、骨粗鬆症、心膜炎や心筋梗塞などの心臓疾患、上強膜炎や強膜炎などの眼疾患

痛みや腫れのある関節が1つでもあれば、まずはリウマチ専門医に相談してください!!
症状のある関節数、炎症反応(CRP, 血沈)、リウマチ因子や抗CCP抗体、症状のある期間を総合して診断いたします。もちろん関節の画像評価も重要です。

関節リウマチの治療

当院における関節リウマチ治療指針

早期に診断しなるべく1か月以内、遅くとも3か月以内に寛解状態とする。
寛解を維持し、治療による感染症などの合併症のないよう徹底した内科的管理を行う。

寛解(かんかい)とは

関節リウマチの症状が無くなった状態のことです。 近年の治療法・治療薬の進歩により、関節リウマチの治療目標は「痛みの緩和」から、「寛解の状態へ導く」というように変化してきました。

関節リウマチにおける寛解は3つあり、以下のとおりです。

  • 関節の痛みや腫れがなくなり、検査値異常もない(臨床的寛解)
  • 関節破壊の進行がない(構造的寛解)
  • 身体機能の障害が進行しない(機能的寛解)

このような寛解の状態に導くことが達成できれば、抗リウマチ薬を服用しながらではありますが、支障のない社会生活を送ることができるようになります。

当院の関節リウマチ治療成績2014年グラフ

関節リウマチ治療薬(原則)

関節症状

抗リウマチ薬として、使用上の禁忌がなければ、第一選択薬は適切な量のメトトレキサートです。
病気の勢いがコントロールできなければ、関節破壊の進行は防げないため個々の病態に合わせてレミケード®、エンブレル®、アクテムラ®、ケブザラ®︎、ヒュミラ®、オレンシア®、シンポニー®、シムジア®の計8剤の生物学的製剤の中から適切なものを選択し開始を考慮します。それでも病気の勢いが強いときは、JAK阻害薬のゼルヤンツ®︎、オルミエント®︎、スマイラフ®︎、リンヴォック®︎、ジセレカ®︎の計5剤について検討します。

生物学的製剤を使用した場合の負担額はこちら

注)これは原則であって、他の抗リウマチ薬も選択可能です。

生物学的製剤とは?

メトトレキサート(MTX)の関節リウマチ治療

関節リウマチの方が利用できる医療制度

役立つ情報を発信しております
当院のお知らせをご連絡いたします
浦安せきぐちクリニック通信 院長ブログ
まもれ関節
内科MCIスクリーニング検査
オンライン診療と同意書
浦安せきぐちクリニック浦安駅より徒歩3分浦安駅より徒歩3分
診療時間
日・祝
08:45 - 12:3014:30まで
14:45 - 18:30

※皮膚科のみ月-金:10:00~ 土:9:00~

電話予約

※診療時間外はつながりません

アクセスページへ