総合内科専門医によるその他の診療のご案内/浦安せきぐちクリニック

浦安せきぐちクリニック 内科・リウマチ内科・皮膚科・泌尿器科
浦安駅より徒歩3分 お問い合わせはこちらから 047-306-3557

ホーム > 診療のご案内 > その他の診療 > 睡眠時無呼吸症候群

その他診療

診療のご案内

その他

OTHERS

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群チェックリスト

毎晩、大きな激しいいびきをかきますか
睡眠中に苦しそう、呼吸がとまっていると指摘されたことがありますか
朝起きたとき、疲れが残り頭がすっきりしないことがありますか
朝起きたとき頭痛がしますか
昼間、我慢できないほど眠くなることがありますか
肥満の傾向はありますか

6つのチェクリストのうち1の項目が該当し、その他の項目に1つでも該当すれば専門医の受診が必要です。

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠関連呼吸障害に含まれる病気です。

眠りだすと呼吸が止まってしまい、血液の中の酸素濃度が低下し目が覚め再び呼吸し始めます。そして、また眠り出すと呼吸が止まってしまいます。
これを一晩の睡眠中に何度も繰り返すため、深い睡眠が取れず、日中に強い眠気やだるさが引き起こされます。 無呼吸で酸素濃度が低下するため、これを補おうと心臓の働きが強まり、血圧が高くなり(高血圧症)、酸素濃度が低下することによる動脈硬化も進み、結果として心筋梗塞や脳梗塞が起こりやすくなります。

CPAP

また睡眠不足によるストレスのため血糖値やコレステロール値も高くなり、生活習慣病やメタボリックシンドロームが引き起こされます。
肥満、男性、顎の大きさ、鼻腔の狭さなどが危険因子です。
睡眠1時間あたり10秒以上の呼吸停止が20回以上ある場合は、心筋梗塞、脳梗塞、生活習慣病、眠気による交通事故などにより寿命が縮んでしまいます。
治療法として、もっとも有効なものは、持続気道陽圧療法CPAP:continuous positive airway pressureです。

まずは、当院で無呼吸がないか精査をさせていただき、該当する場合は、このCPAPの処方をさせていただきます。
ぜひ、ご相談ください。

役立つ情報を発信しております
当院のお知らせをご連絡いたします
浦安せきぐちクリニック通信 院長ブログ
まもれ関節
内科MCIスクリーニング検査
オンライン診療と同意書
浦安せきぐちクリニック浦安駅より徒歩3分浦安駅より徒歩3分
診療時間
日・祝
08:45 - 12:3014:30まで
14:45 - 18:30

※皮膚科のみ月-金:10:00~ 土:9:00~

電話予約

※診療時間外はつながりません

アクセスページへ