総合内科専門医による泌尿器科の診療のご案内/浦安せきぐちクリニック

浦安せきぐちクリニック 内科・リウマチ内科・皮膚科・泌尿器科
浦安駅より徒歩3分 お問い合わせはこちらから 047-306-3557

ホーム > 診療のご案内 > 泌尿器科 > 性感染症

泌尿器科診療

診療のご案内

泌尿器科

UROLOGY

性感染症

淋菌性尿道炎

淋菌(Neisseria gonorrhoeae)が原因。
主な症状は、排尿すると痛む、陰茎の先が赤くなる、尿道から膿がでるなど。
潜伏期間は、2〜7日。

診断は、尿道からの分泌物や初尿でのグラム染色標本の検鏡だが感度が低いので、淋菌の確認には培養法、PCR法などの核酸増幅方が用いられる。

治療としては薬剤耐性を持つ淋菌が増えており、セフトリアキソン、セフォジジム、スペ口ノマイシンなどの一部の注射剤のみ有効である。

クラミジア性尿道炎

クラミジアトラコマティス(Chlamydia trachomatis)が原因。
主な症状は、軽い排尿痛や尿道部不快感、尿道からサラサラとした少量の分泌物がでるなど。
潜伏期間は、1〜3週間。

治療としてはマクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系抗生物質を約2週間服用する。

役立つ情報を発信しております
当院のお知らせをご連絡いたします
浦安せきぐちクリニック通信 院長ブログ
まもれ関節
内科MCIスクリーニング検査
オンライン診療と同意書
浦安せきぐちクリニック浦安駅より徒歩3分浦安駅より徒歩3分
診療時間
日・祝
08:45 - 12:3014:30まで
14:45 - 18:30

※皮膚科のみ月-金:10:00~ 土:9:00~

電話予約

※診療時間外はつながりません

アクセスページへ