総合内科専門医による泌尿器科の診療のご案内/浦安せきぐちクリニック

浦安せきぐちクリニック 内科・リウマチ内科・皮膚科・泌尿器科
浦安駅より徒歩3分 お問い合わせはこちらから 047-306-3557

ホーム > 診療のご案内 > 泌尿器科 > 頻尿

泌尿器科診療

診療のご案内

泌尿器科

UROLOGY

頻尿

尿をする回数が多く、日常生活に支障が出ているものをいいます。
お悩みの方はご相談ください。

昼間頻尿

昼間、一度、排尿を済ませたのに2時間もしないうちにまた排尿するようになり困っている状態が昼間頻尿です。

夜間頻尿

睡眠中に排尿した回数が多いもので3回以上の場合は確実です。
ただし、早く床につくためなかなか寝むれずにトイレに行ったり早起きでトイレに行き、その後、眠れずに再度トイレに行った場合の回数は数えません。
しっかりと寝ている場合が数える対象となります。

歳をとると夜間の排尿回数が増え、60歳を過ぎると男女共に3人に1人は2回以上トイレに起きております。(以下の表をご覧ください)

40〜
49歳
50〜
59歳
60〜
69歳
70〜
79歳
80歳〜
男性夜間排尿回数2回以上の割合10.3%20.6%39.7%62%83.9%
女性夜間排尿回数2回以上の割合8.5%15.4%28.6%48.3%71.2%

頻尿の原因

以下のような原因の可能性があります。

  • 尿が出にくい、尿の勢いがない、残尿感があるなどの症状があれば前立腺肥大症
  • 突然、尿がしたくなる症状があれば過活動膀胱
  • PSAが高い場合は前立腺癌
  • 血尿や排尿痛が強い場合は膀胱結石
  • 側腹部の痛み、頻尿、残尿感がある場合は尿路結石
  • 数日前から頻尿で、排尿痛があり、残尿感がある場合は膀胱炎
  • 会陰部や鼠径部の鈍い痛み、射精痛、仕事などのストレスで悪化する場合は慢性前立腺炎
  • 頻尿がひどく尿がたまると下腹部が痛くなる場合は間質性膀胱炎
  • ヘモグロビンA1cが高い、尿糖が陽性などの場合は糖尿病
  • 足のむくみがひどい、NT-proBNPが高いなどの場合はうっ血性心不全
  • 昼間と夜の排尿回数や量が変わらない場合は睡眠障害
  • 夜間の排尿回数は多くない場合は心因性頻尿

服薬治療以外の夜間頻尿の対処法

以下のような原因の可能性があります。

排尿日誌

朝起きてから翌日朝までの排尿時刻、尿量をすべて記録することで、自分の頻尿の状態を把握することができます。必ず24時間記録することが大切です。

生活習慣の改善

起床時間、就寝時間、食事時間が日によって大きく変わったりする生活をしていると、夜間頻尿の症状が出やすくなります。何事も生活リズムの見直しが肝心です。

カフェインやアルコールの制限

夕方以降にコーヒー、お茶、お酒を飲むと、その利尿作用によって夜間頻尿が起こりやすくなりますので控えてください。
また、塩分摂取量を減らすと必要な水分量が減るため塩分を控えた上で水分を減らすことも肝心です。

役立つ情報を発信しております
当院のお知らせをご連絡いたします
浦安せきぐちクリニック通信 院長ブログ
まもれ関節
内科MCIスクリーニング検査
オンライン診療と同意書
浦安せきぐちクリニック浦安駅より徒歩3分浦安駅より徒歩3分
診療時間
日・祝
08:45 - 12:3014:30まで
14:45 - 18:30

※皮膚科のみ月-金:10:00~ 土:9:00~

電話予約

※診療時間外はつながりません

アクセスページへ