浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2020年11月25日

悲痛な叫び

新型コロナウイルス感染の拡大を、今、許してしまうと、良い新年を迎えられる可能性が減ってしまいます。
鼻を出してマスクをしているのは、ただ口を覆うだけで防御力は、あったものでありません。マスクの鼻のところの針金をしっかりと、ないタイプは鼻までしっかりとマスクで覆うことが大切です。若年層が、軽症で済むのは周知の事実ですが、全員ではありませんし、後遺症の報告もあります。若年層から巡り巡って高齢者が感染し、その数%は重症となり、病院機能を低下させる結果、通常の医療が出来なくなってしまうということが想定されております。浦安市でも、先ほど報告を見ましたが、累計300人に達する勢いです。不特定多数で、同一の空間を共有した場合、マスクをしない状況が15分以上続くのことは、感染する危険が多くなると常々、申し上げております。4人以下で2時間以内の会食は可能としている政府の方針が、今の惨状を招いていると考えております。4人以下が安全という確かな証拠は見当たりません。今が、感染を抑えこむ最後の機会です。飲食業界を救うには、Go to “eat”でなく、Go to “take out”などにして、皆がテイクアウトを積極的に利用しやすいようにし、店側もテイクアウトを便利にするための努力をして貰えばどうでしょうか。もし、観光業界が立ち行かないならば、Go to “travel”でなく、Go to “crowdfunding”などにし、資金援助をしてくれたら、店側が提供できる何かを提供したり、コロナ収束後に使える宿泊チケットなどを提供したりするのではだめでしょうか?
新型コロナウイルスは、とんでもないウイルスですが、古きを脱し、新たな可能性を開く一つの起爆剤ではないでしょうか?どんどん新しいことを考えましょう。今が、その時です。
インフラが整っていないから、電気自動車や水素自動車が売れないと言われておりますが、インフラを整えたら良いのではと思います。これまで、論争の激しかったダムを、愚かにも作ったではありませんか?できなくは、ないのです(作りたくない?)。日本は、また世界から遅れを取るのは必定です。
11月の3連休に、覆いが甘いマスク、もしくは鼻がでてしまったマスクをして、そしてお子様たちは全てマスクをしていない家族が、にこやかに観光地でインタビューを受けておりました。
「自分が気をつけていれば、なんとかなると悩んだ挙句、来ました」という発言が、今の新型コロナウイルス感染拡大を如実に物語っております。この方は、独自の基準で、気をつけているだけなのです。鼻がでたマスクは、意味がありませんとインタビューをした人は言ってあげれば良いのにと、意地悪く思ってしまいました。この家族の子供が、旅先で無症状だが感染し、自宅に持ち帰り、家族総出で感染なんておこるかもしれません。このような方に接してしまった方も、また不運です。とにかく、頭を使い、新たな未来を切り開く一歩を踏み出せるかにかかっております。
みなで、頑張りましょう。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ