浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2020年3月31日

悲痛の叫び

国民的なコメディアンである志村けんさんが、新型コロナウイルスにより非業の死をとげました。
有名な国立国際医療研究センターで集中治療をしても、残念ながら助けることは、できなかった。
浦安にも撮影に来られていた国民的なコメディアンの志村けんさんの身を挺した「新型コロナウイルスに感染してはならない」という
メッセージを真摯に受け止めないといけません。
新型コロナウイルスに感染しても、若者は軽症のことが多いなどという論文を読んでありきたりの結論を出している感染症対策委員の脳天気な発言は無視して、自ら命を守りましょう。若者でも命を落とす人は落とします。
新型コロナウイルスに感染したら、その時点で可能性がたとえ低くても無駄に命のやり取りをしないとならなくなります。
たとえ0.1%でも命を落とす可能性があるため、決して感染してはなりません。
中国からの入国拒否の遅れ、ダイアモンドプリンセス号の失態、せっかく休校にしたのに変な条件を出して学校を再開しようとしている、感染症対策委員の新型コロナウイルスが大丈夫になったと誤解を招きうる発言後におきた自粛解除・お気楽ムードの3/20からの3連休、感染者が増え続けている東京に非常事態宣言をまだ出さない政府は愚鈍です。
やっとアメリカからの入国を制限しましたが、今は、中国人でなく世界各国からの帰国者が新型コロナウイルスというおみやげを持ってきました。東京が、ニューヨークのようになるのは時間の問題でしょう。
テレビでも新型コロナウイルス専門チャンネルはいまだになく、情報が断片的です。
クリニックレベルでは、新型コロナウイルスに関する情報は、さほど役に立たないものがファックスなどで送られてくる程度で、感染症専門病院の感染症専門医でないと、実際の病態はわからない状況です。
だから、情報源はもっぱらインターネットです。
NHKをぶっこわすというブームがありましたが、確かにテレビでは用が足せないのは事実ですから壊しても良いのかもと思わなくはないです。政府失策のひとつである「ゆとり教育」のおかげで、医学部をでてから救命救急に進もうとする医師の数は、いかほどいるのでしょうか?日本の救急医療が優れているというのは幻想です。ECMOの数も少ないし、専門的な対応ができる救命救急医の数は極端に少ないです。
増大する新型コロナウイルス感染者に、今の状況で対応できるという淡い幻想に政府がとらわれていないようにと切望するばかりです。
新型コロナウイルスの感染者が爆発的に増えたら、日本は他国よりももろく、すぐさま崩壊します。
もうすでに、首都圏の感染症指定病院は手一杯です。
今、学校は再開しないで欲しい、東京は非常事態宣言を1日でも早く発令してほしい。発令後、守らなくても罰則はないのだから。

命さえあれば、金などなんとかなります。

2020年3月25日

爆発的感染拡大を是が非でも抑えて!

首都東京が爆発的感染拡大の危機に瀕しております。
新型コロナウイルス感染は、医学の理解よりも統計の理解力が必要とされるので、コメンテーターも理解せず民放でコメントする場面もあります。一般的な視聴者ならば尚更、
理解しにくい感染症です。
対岸の火事ではなく、今、東京が中国、スペイン・イタリアをはじめとしたヨーロッパ各国、アメリカのようになりつつあります。
日本の医療は、世界でもすばらしいという奢りは捨ててください。みかけ上は軍隊のない日本では爆発的感染拡大となったら、救急医療は、とてもおそまつです。
そんなに日本の救急医療は優れておりません。マスク、消毒液の枯渇状況は未だに変わらず、人工呼吸器、ECMOなど数は全然足りません。アメリカでさえ足りないのです。
幻想は捨てて、新型コロナウイルス感染で命を落とすようになる、させる馬鹿げた行動はしないでください。
東京が、ニューヨークのようになるのが目に見えております。だから、個人的には、感染者が出ていない県は別として、首都圏や大都市で学校などを開始することには大反対です。
大会など延期できるものは、大学も含めすべて延期が安全です。
東京が封鎖されたら、それこそ被害甚大です。
新型コロナウイルスは、医療の問題でなく道徳倫理、疫学統計の問題です。
首都東京の爆発的感染拡大と報道される日は、時々刻々とせまってきております。

2020年3月24日

新型コロナウイルス検査について放送されていないこと

ある一時点で、特定の集団に新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しているかという調査を行った場合、この全員の数に対して、新型コロナウイルスに感染している人が、どのくらいいたのかという割合を有病率と言います。
新型コロナウイルス検査で陽性だった数/新型コロナウイルス検査を受けた数×100です。
新型コロナウイルスに感染している人を感染していると判断できる陽性的中率と新型コロナウイルスに感染していない人を感染していないと判断できる陰性的中率は、この有病率に大きく左右されるので、どの集団に、検査をしたのかで結果が大きく変わります。

今までの結果より、現在行われている新型コロナウイルスのPCR検査を感度70%(感染している者を検査で陽性と判断できる割合)と特異度90%(感染していない者を検査で陰性と判断できる割合)とした場合、

例1) ダイヤモンド・プリンセス号モデル(密閉環境モデル) 
有病率≒12%
陽性的中率≒49% 
陰性的中率≒96%

例2) 中国湖北省武漢市モデル≒非密閉環境モデル(都市型モデル)
有病率≒1%
陽性的中率≒6.6%
陰性的中率≒99.7%

例3) 成田モデル
有病率≒3%
陽性的中率≒17.8%
陰性的中率≒99.0%

例3)の成田モデルを使用すると、希望者が5000人いたとして、新型コロナウイルスのPCR検査を医師の判断なしで行ったとすると、105人は陽性となりますが、485人は感染していないのに陽性となります。また、実際は感染しているのに、45人は陰性となります。
すべての希望者に検査を行うというと陽性的中率が低くなるので、実際は感染していないのに、感染者と濡れ衣を着せられ隔離させられる人数が多くなってしまいます。これが医療破綻を招くといわれている理由です。また、感染していても感染していないとお墨付きをもらえる人も少なからずいて、意図せずウイルスを撒き散らし、そのうち発症し再検査の結果、新型コロナウイルスに感染していましたということもありますので、流行が止まらない理由です。的を絞らず検査を行うと、良くも悪くも損害が大きいというつまらない話(机上の空論?)でした。だから、WHOが、必要な人に必要な検査をと言うわけです。

2020年3月22日

膠原病(関節リウマチを含む)に対する免疫抑制薬は、どうすれば良いのか?

現時点では、膠原病のために免疫抑制薬服用者が新型コロナウイルス感染の危険性を上昇させるという証拠は報告されていません。重症化の危険性が増すと報告されているのは、糖尿病、高血圧、心疾患、脳血管疾患です。これらの評価を行い免疫抑制薬の検討をしてください。免疫抑制薬の減量・中止によって原疾患の再燃や増悪を来す恐れがあること、新型コロナウイルスの病態に炎症性サイトカインや免疫が関与している可能性が考えられていることなどを考慮する必要があります。以上から、免疫抑制薬、生物学的製剤、抗リウマチ薬、ステロイドは、原則として同じ用量で継続投与とし、感染症の兆候がある場合は、これら薬剤は機序的に重篤化のリスクが考えられますので、ステロイドは原則同じ用量で維持、他の薬剤は減量や投与の一時的延期などを慎重に検討し、通常の感染症時と同様にしてください。(日本リウマチ学会からのお知らせです(原文アレンジ))。

2020年3月21日

新型コロナウイルスは密閉された空間では、どのくらい感染力を維持するか?

密閉された空間では、3時間くらい感染力を維持しうるという結果があります。
ただし、これは実験結果ですからウイルスの感染力を落とす効果のある紫外線のある生活環境では違うかもしれません。
以前、発表された密閉空間が危険な場所であるというのは、こういう裏づけがあるのです。
なんでもよどんだ場所はいけないということです。
換気しましょう!

2020年3月20日

新型コロナウイルスの治療薬について

マラリアの治療薬であるハイドロキシクロロキンが新型コロナウイルスに感染された方に使用され効果が云々と言われておりますが、これは全身性エリテマトーデスにも保険適応となりましたので当院では馴染み深い薬ではあります。そのほか抗HIV薬の効果がどうかとか、インフルエンザの薬、喘息の薬、膵炎の薬など効果がありそうな薬が模索されている状況です。中国は、アビガンというインフルエンザの薬が効いたという判断をしておりましたが、日本ではどうか検討することは多々あります。
まだ、これと言って良い治療薬は見つかっておりませんので、かからないことが一番の薬です。

2020年3月19日

新型コロナウイルスは、やっかいだ(その2)。

PCR検査は、結果がでるまでに6時間くらいかかる検査法です。
最近の話題としては、canonと長崎大学が共同でLAMP法というものを応用して従来のPCRよりも小型で10分くらいの短い時間で結果がでるものを開発したようです。
PCR検査は、常に携わった者の新型コロナウイルスへの感染の危険を伴うものですが、クラボウが血液検査から15分くらいで感染しているかどうかを判定するキットを開発しました。
新型コロナウイルス感染症において、感染をしても無症状である無症候性キャリアの数がどのくらい存在するのかが明らかになっていないことが問題ですが、果たしてこれらの検査を元にどのくらいの結果がでるのか様子を見守りましょう。

2020年3月18日

新型コロナウイルスは、やっかいだ(その1)。

china shockとも名付けたい新型コロナウイルスが、ヨーロッパを席巻し医療崩壊、経済崩壊の様相を呈しております。
高齢の方は重症になり、不幸にも亡くなる方が多いが、若い方は軽症であることが多いという言い方をされております。
若い方は亡くならないのかというと、そうではなく数が少ないだけで亡くなっている方はおります。 
これが軽視されている現状を危ういと思います。
諸外国に比べてPCR検査ができていないという話題がいつものように民放番組で取り沙汰されますが、PCR検査を全員に行うことは検査が100%の信頼をおけるという前提条件がないと意味がありません。PCR検査は有用な手段ですが、新型コロナウイルス感染の陽性・陰性をすべて言い当てることは無理です。検体の取り方、処理の仕方、感染してから何日目か、PCR検査試薬に異物混入がないかなど問題点をあげればキリがありません。国民全員が調べたとしても、その時点での感染率であり、次の日は新たな感染者がでているわけで全数把握は難しいと思います。ある狭い集団のなかでの発生率はわかるかもしれませんが・・・。日本は島国で狭いと考えている方ならば無理はないかもしれませんが、私は日本は検査をするには狭いとは決して思いません。
新潟県は、前もっての電話連絡をしてからの保健所でのドライブスルー方式で検査を進めており素晴らしいと思いますが、ドライブスルーばかりが強調され実施場所についての議論は、あまりされていないと思います。アメリカのドライブスルーでは長蛇の列ができております。開業医は、まずPCRが保険収載されましたが契約の上での実施であるので、できないしやりたくないと思います。指定病院での実施もスタッフ数の問題、動線をわけるなど場所の問題もあり諸外国の様には、行かないと思います。

2020年3月17日

新型コロナウイルスのPCR検査の検体ごとの陽性率について

気管支肺胞洗浄液(気管支鏡を用いて肺に生理食塩水を入れ吸引したもの)ならば93%の陽性率。
喀痰ならば72%の陽性率。
よく韓国やアメリカなどのドライブスルー方式でのPCR検査の映像で見られるように、鼻腔をぬぐう方が喉をぬぐって得られる検体よりもPCRの陽性率が高いです。
当院では、PCR検査はできないし、できたとしてもやらないと思いますが鼻腔が主流となるでしょう。
あのときは新型コロナウイルスで大変だったねと言える日が1日でも早く訪れるように願って止みません。

2020年3月16日

「鶴の恩返し」「カリギュラ効果」

人は、禁止されると、かえってその禁止されたことをやりたいという心理が働きます。見ないでくださいと言われ、ついのぞいてしまった鶴の恩返しの話は代表的です。これは「カリギュラ効果」と呼ばれる行動心理です。ある意味、人が本能的に持っている自由行動欲求です。するどい方は、もうお分かりだと思いますが今がまさに新型コロナウイルスにより「禁止」を強いられている状況で、そろそろ逆の自由な行動を取りたくなっている大勢の人がいるということです。経済的な問題が大きいからかもしれませんが様々なところで勝手に自粛を撤回しはじめている現状を心配しているわけです。この行動制限を取り除きたいという欲求の高まりが、さらなる感染拡大の助けとなりえないことを願います。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ