浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2021年8月30日

新型コロナウイルス第5波の深刻さ

今回の第5波は深刻で、医療現場は確かに逼迫しております。
新型コロナウイルス以外で入院が必要になったときに、病院に電話をし伺いを立てると満床でお受けすることができず申し訳ないという悲痛なお答えをいただくことが多くなりました。
最近、自分が勤務していた川越にある総合医療センターの岡先生もTVで医療現場の逼迫の度合いを訴えております。
私がいた頃は月に2日休みがもらえれば良いくらいの医師不足の病院ですから、勤務している同僚は、ほぼ休みなく働かないといけない状況であると推察します。
医師だから、当たり前と考えられておりますが医師にも家庭があるのです。幸せを追求する権利があるのです。
新型コロナウイルス感染者を診察したら、おそらく同僚は自宅には帰らないと思いますので、心が痛みます。
医療従事者は、自身の生活を犠牲にして新型コロナウイルスの治療にあたっております。
自分が今、勤務していたら、おそらく自宅には戻れず毎日のように病院にいたでしょう。
「旅行に行ってきました」「外食してきました」「野外フェスに行きました」「お盆だから実家に帰ってきましたが、密を避けていたから大丈夫」など、確かに人間ですから仕方がないことです。
ただ感染者のため、自身の幸せを投げ打っている人がいることを知って欲しいです。
感染対策の要は、感染しないことで、それにはマスクは有効です。
だからマスクを外したときに、その場所は本当に安全ですか?
新型コロナウイルス感染に対する有効な治療薬がない今、こう考えることが大切です。
皆が協力して、感染しないようにしましょう。

2021年8月9日

新型コロナウイルスワクチン集団接種

先日も、浦安市の新型コロナウイルスワクチンプロジェクトの集団接種のお手伝いをしてきました。私は、午前の当番でしたが、それでも260人あまりの方の接種のお手伝いができました。職員の方に聞くと、浦安市は、優秀で、滞ることなく希望者にはワクチンの接種ができているそうです。
現在、我々が新型コロナウイルスに感染しないためにできる医療行為は唯一、ワクチン接種です。
人類が早く集団免疫を獲得できると良いのですが、3ヶ月以内で、人口の7割くらいがワクチン接種を終えるくらいの速度が必要です。だから、今のペースだと集団免疫の獲得は、
到底困難です。
当院では、新型コロナウイルス接種後の抗体検査を積極的に勧めております。
この未発表データからですが、だいたい早い方でワクチン2回目接種の3から6ヶ月後には、感染防御ができなくなる価までワクチンの効果が低下してしまいます。
今年の2月から新型コロナウイルスの医療従事者への先行接種が始まりましたが、この2月からの先行接種者は、この夏を過ぎたあたりから感染する可能性が再び出てきます。
これから接種開始という若い方に加え、接種を終えた方の中からも実は接種を追加した方が良い方が加わってきます。
残念ながら、新型コロナウイルスワクチン後の抗体検査をしていない現状からは、この事実が明らかにはなりません。
ワクチンを接種したから大丈夫と、弱い抗体価にもかかわらず、無防備でいると感染します。現在、ワクチン接種を1回したあとに、無防備に行動し、不幸にも新型コロナウイルスに感染し生死の境をさまよっていらっしゃる方もおります。ワクチン接種1回だけでは、感染は、到底防げません。この方の1日でも早い回復を祈りつつ、マスクの重要性を再度強調したいと思います。

2021年7月4日

新型コロナウイルスワクチン集団接種について

浦安市と浦安市医師会からの要請に応じ、唯一協力できる日曜日に、浦安市の新型コロナウイルスワクチン集団接種のお手伝いをしております。
ワクチン接種は、問診票の記入、受付、医師の問診、ワクチン接種、待機という流れです。
所用時間は、受付から接種までは約5分程度、なかでも医師の問診からワクチン接種終了までは1分と流れに滞りはありません。
イスラエルのように、スマートフォンが日本でも当たり前ならば、何と良いでしょうかと思ったりもしました。
実際は、色々と大変なことがあるのでしょうから言及は避けたいと思いますが、医師の役割だけに話を絞ると接種後の待機の時間を考え、午前午後と2時間半ずつ、計1日5時間で週4日とすると1週で20時間(1200分)となり、単純に割り算をすれば1週間で、1接種ブースあたり240人は接種することができます。
浦安市の年齢別人口は15〜64歳で117,700人(男性57,839、女性59,861)、65歳〜30,370人(男性13,873、女性16,497)です。
65歳以上だけで考えると、全員が接種すると仮定すると、1週間で接種を終えるならば約127ブースあれば良い計算です。
これならば1週間で、65歳以上の接種は終えることができると思い、なぜ、65歳以上の方に、このように長期間にわたりワクチン接種をしているのかと
浦安市の職員の方に伺うとワクチンが足らなかったからということでした。
これから、64歳以下の方が始まりますが、対象は今までの約3倍と膨らみます。
ワクチンの入荷に問題があるのならば、今後の市の集団接種も長期間に渡るだろうと思います。予約も取れないという方も出るのではと思います。
職域、大規模接種、個別等を含めても、しばらくの間は、新型コロナウイルスワクチン接種に関して、あれやこれやと翻弄されるのだろうなと考えさせられた1日でした。
集団接種会場でのワクチン接種自体は流れもよいので、接種に関しては、ご安心ください。

2021年7月3日

リウマチ膠原病の治療中の方が新型コロナウイルスワクチンを接種するときの注意点

現在、新型コロナウイルスワクチンについて、自分は基礎疾患に該当するのかしないのかで、頭を悩まされている方が多いと思います。
なかでもリウマチ膠原病については、基礎疾患にあたると考えていただいて問題ありませんので、この場を借りて申し上げます。
リウマチ膠原病のため服用、注射している薬剤があるから新型コロナウイルスワクチンを接種することができないということはありません。
もちろん、新型コロナワクチンを接種したときに副反応が特別に起こりやすいという報告もありません。
メトトレキセートなど、リウマチ治療薬は免疫抑制を起こすため新型コロナウイルスワクチンの効果を弱めてウイルスに対する抵抗力(抗体)が十分作られない可能性があるため、リウマチ治療薬をワクチン接種前後で、どのように調整するかは色々と意見があります。
生物学的製剤(レミケード、エンブレル、アクテムラなど)の注射をしている場合、いつワクチンを打てばよいのかということについても意見が分かれています。日本では、ワクチンの副反応なのかどうかわからなくなるため、同日でない日にワクチン接種すべきというのが一般的な意見です。
しかし、日本リウマチ学会からは、今のところ特別な見解は出ておりませんので新型コロナウイルスワクチンを接種するときの注意点として、一つの拠り所として、6月に公開されたアメリカからの指導要綱を紹介します。
簡潔に、
ミコフェノレイト(セルセプト):ワクチン接種後1週間は服用しない。
メトトレキサート:ワクチン接種後1週間は服用しない。
JAK阻害剤(セルヤンツ、オルミエント、スマイラフ、リンヴォック、ジセレカ):ワクチン接種後1週間は服用しない。
アバタセプト皮下注射(オレンシア皮下注):1回目のワクチン前後各1週間は注射せず、2回目はワクチンに関係なく注射してよい。
アバタセプト点滴静注(オレンシア点滴静注):1回目のワクチン接種をアバタセプトの点滴から4週間後に行うようにし、ワクチン接種の1週後にアバタセプトの点滴とする。2回目の接種の際は、調節なし。これは、少し、ややこしいので図を参照してください。
鎮痛解熱薬(アセトアミノフェン、イブプロフェン、ロキソプロフェン、ジクロフェナクなど):ワクチン接種の24時間前からは服用せず、症状がでたときに使用する。
他の薬剤については、調整なしでワクチン接種可能。
これらは、参考ですので個々に対応して決めていくのが実際的でしょう。

2021年6月19日

浦安市内の新型コロナウイルス新規感染者数より考えること

6月19日に発表された浦安市内の新規感染者数は7人、市内での累計感染者は1,351人になります。
浦安市の感染者は、人口10万人あたり18.8人で、東京都の19人と遜色ありません。
私が産業医として指導させていただいている事業所は、しっかりと対策をしてくださっておりますので感染者は出ず、感謝しております。
たまたま美容室の店長から相談を受けましたが、案の定、新型コロナウイルスについては全くわかっておりませんでした。
いつまで、マスクをしないといけないのでしょうかということが第一声でした。
答えは、ずっとです。すると、大変、驚かれました。
行政も、しっかりと教えてあげる余裕がないのが一因ですが、事業者は、自ら、責任を持って情報収集をすることも必要です。
情報格差のため、この人口10万人あたり18.8という数字は、当たり前の結果として受け止めて欲しいです。
この美容室が、クラスターを出したという事実はないことを、まず、はじめにお伝えしないといけません。
来店時には額の温度計で測定し発熱がないかを確認し、手指にわずかのエタノールスプレーをかけて席に案内します。
これは、どこでも同じようですが、実はこれでは甘いです。
なぜなら、新型コロナウイルス感染は発熱の数日前から感染力があるから、発熱なしでは明らかに見逃します。
客には、マスク着用のお願いをするそうです。これは良いとして、肝心なのはマスクの仕方です。
スタッフは、苦しいからマスクはしているが鼻を出している状態、苦しいからという客には無理強いできずマスクを外しても文句が言えないそうです。
また建物の構造上、窓は常には開けられず2〜3時間ごとの換気をし、かわりに店の裏側のスタッフルームなどの窓を少し開けているということでした。
確かに、客やスタッフが感染していなければ感染しないでしょうが、絶対大丈夫だとは言えません。
たまたま様子を見に行くと、顎にマスクをつけていますが、鼻と口はマスクで覆われていない壮年の客が一人、慣れた様子で担当スタッフと談笑しておりました。
髪も染めていたため、おそらく2時間くらいは滞在するのでしょう。その間、客は躊躇せず咳もしながら、ガハハという感じで話が止まりません。
担当スタッフも、さらに話を盛り下げるどころかむしろ、盛り上げながらという感じで大きな声が轟いている有様でした。
この客が感染者であれば、担当スタッフは感染し、他のスタッフに広がる可能性が出てしまいます。
接客だから仕方ないのでしょうが、今はコロナ禍です。忖度しましょう。
換気については、空気の流れは、あまり感じられない状況でした。
これでよく、この美容室は新型コロナウイルスが蔓延しないなと感心しましたが、たまたま感染者が来ていないだけの話です。
すべての美容室が、このようでなく別の所は、大変素晴らしい対応をしております。むしろ、客から伝染しないようにと自ら怯えながら、がんばっている美容室もたくさんあります。
この温度差が、問題です。
手探りの中で、効果の弱い対策をしているにもかかわらず、対策しているものとばかりに営業するところは困ったものです。
我々医師の責任でもあります。もっと情報を与え、新型コロナウイルスワクチンがある程度の数、接種し終えるまで蔓延させない時間稼ぎをしないといけません。
マスクをしない、わけのわからない何人以下で、何メートル離れているから大丈夫というソーシャルディスタンスルールなど困ったものです。
より効果的な予防策は、やはりお互いが適切な方法でのマスクをするといくことです。何ども書いておりますが、新型コロナウイルス感染を引き起こす要因は、マナーが悪いからです。
新型コロナウイルスワクチン接種をし、予防に足る新型コロナウイルス抗体価を獲得し、マスクをして相対する。これがマナーです。
幸い、新型コロナウイルスワクチンは、効果が高く専門家会議も期待しているほどです。
あと少しです。皆が、一丸となって取り組めば、新型コロナウイルスは恐れることはありません。マナーを守る、ただ、それだけ。
ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン接種を、私どもは二回とも無事に済ませており、その抵抗力たる抗体価が新型コロナウイルス予防水準をかなり上回っていることを確認していることを最後にお伝えします。

2021年5月23日

空港検疫における無症状新型コロナウイルス感染者の発生から考えること

厚生労働省からの報告で、今、話題になっている地域からの入国者の空港検疫で、無症状で感染している人が10人と発表がありました。
これらは、氷山の一角です。やはりなという数です。
PCR検査は万能ではありませんので、検査結果が「陰性」ですり抜けている人が多数いると考えられます。
もともと水際対策は、とても難しいので、完璧でないと考えるのが一般的で、目くじらを立てる必要はありません。
しかし、空港検疫で10人という数を見ると、たいへん恐ろしく感じます。
この事実を知り得ない、もしくは理解できない人たちの間で感染が広がっております。だから、新型コロナウイルス感染者の年齢層が若くなってきております。
学校は、1時限でも、この新型コロナウイルスの現状と対策について扱っていただきたいものです。
新型コロナウイルスワクチン接種が、いよいよ本格化してきておりますが、今のやり方であれば、あと約7〜8ヶ月は、かかるそうです。
ワクチン接種で、6ヶ月間は抵抗力(抗体)が得られるとした場合、優先接種をした人も全員が8ヶ月後には、抗体を持っているかは不明で、この接種を終えた中からも、
さらに接種を必要とする人が増えてきます。これでは、8ヶ月どころか、1年たっても終わりません。
これでは、日本では集団免疫が得られない可能性があります。
ワクチンが確保されているのならば、遅くとも6ヶ月の半分の3ヶ月以内に、接種を終えるという気概を持って取り組まないと難しいです。
ワクチン接種が進んでいる国のように、自由になりたいから早くワクチン接種をしたいと望む若年層が増えてきております。
当然なことではありますが、ファイザーやモデルナ製のワクチンは、高い割合で抗体を得ることができるのですが、全員でないということを理解すべきです。
だからこそ、抗体検査は必要です。
国に対して、当院では風疹抗体のように、新型コロナウイルスワクチン接種後の抗体検査も無料化していただきたいと考えております。

2021年5月14日

新型コロナウイルスワクチンを接種してもらいました。

本日、新型コロナウイルスワクチン接種の第1回目を接種してもらいました。やっと医療従事者の端くれとして認識されたのだと思いました。
すでに接種された方より、注射は痛くないよと伺っておりましたが、私の場合は痛かったです。
なんとか月曜日までに痛みが取れればよいのですが・・・。
これから、ワクチンの供給体制が整い希望者にはワクチン接種が行われていきます。
特効薬のない今は、新型コロナウイルスの封じ込めはワクチンに託されております。
あわてず、しっかりと体制を整え、新型コロナウイルスを封じましょう。

2021年5月3日

自宅で血圧を測定すると高かったり、低かったりする方へ。

血圧測定の際、マンシェットをゆるく巻くと血圧の値が高くなり、きつく巻くと血圧の値は低くなります。
ゆるく巻くと、隙間の分だけマンシェットをより多く膨らませるため加圧しすぎて血圧が高く出て、きつく巻くと十分な加圧をする前に血行が止まるため血圧が低くでることになります。マンシェットに均一に圧がかからないために起こることです。診察時のときよりも家庭血圧が、高いもしくは低いという方は、マンシェットを巻く際に、巻いた腕との間に指2本が入るくらいとすると良いです。

2021年5月2日

コルヒチンが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化を防ぐ可能性があるという報道

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、いまだ収束の兆しがありません。おそらく、緊急事態宣言の期間は、延長されるでしょう。延長されないと逆に驚きです。
痛風治療薬のコルヒチンが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化を予防する可能性があるそうです。コルヒチンは、痛風の場合、炎症を抑える意味で処方しますが、結構飲み忘れたりと服薬遵守の難しいことが多いです。コルヒチンの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対しての効果は、まだ確立されておりませんが、朗報には違いありません。このコルヒチンの報道が出て、日本痛風・尿酸核酸学会からお知らせが出ました。抜粋しますと、世界6か国4千名以上に対して行われた臨床試験についてカナダから報告されていますが、重症化しやすい方の特徴は、70歳以上、高度の肥満、糖尿病、収縮期⾎圧150mmHg以上の⾼⾎圧、呼吸器疾患や⼼不全、狭心症などの冠動脈疾患の合併、48時間以上続く高熱、呼吸困難症状があるということでした。そこで、コルヒチンを1日0.5から1.0mgを服用していた方を調べると、入院に至った割合が25%低下し、人工呼吸器を必要とする割合が50%低下、死亡に至る割合は44%低下したというものです。この効果の理由は、さきほど申し上げましたがコルヒチンがもつ炎症反応を抑える作用のためと考えられております。

2021年4月25日

新型コロナウイルスワクチン接種後の抗体検査をはじめました。

医療従事者を対象に、3週間隔で2回接種する新型コロナウイルスワクチン接種がなされておりますが、大学病院の勤務者しか接種ができていない現状です。
日頃、お世話になっている新型コロナウイルス治療の最前線に立つ東京ベイ浦安市川医療センターでさえ、ワクチンが手に入らず接種ができないという報道を目にし驚愕しております。
この最中、浦安市では、65歳以上の方を対象に新型コロナウイルスワクチン接種の申し込みが先日開始されましたが、すぐさま予約ができなくなる状況でした。
最前線の医療従事者にも接種ができていない状況ですので、当たり前ですが、今回はワクチンの本数が少なすぎでした。
今後、多くの希望される方に新型コロナウイルスワクチンが接種できることを祈ります。
新型コロナウイルスワクチンの接種後に、しっかりと抵抗力(抗体)がついたかどうか知りたくなると思います。
ファイザー製薬にも確認したところ、ワクチン接種後7日目から抗体の価が、上がってくるそうです。
当院では、今後の対応として新型コロナウイルスワクチン接種後7日を経てからの抗体検査を受諾することにいたしました。自費として4000円です。
ご希望の方は、ご相談ください。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ