浦安せきぐちクリニック院長ブログ

浦安せきぐちクリニック 内科・リウマチ内科・皮膚科・泌尿器科
浦安駅より徒歩3分 お問い合わせはこちらから 047-306-3557

ホーム > ブログ > 2021.05.23

浦安せきぐちクリニック院長ブログ

ブログ

浦安せきぐちクリニック院長ブログ 浦安せきぐちクリニック院長ブログ

2021.05.23

トピックス

空港検疫における無症状新型コロナウイルス感染者の発生から考えること

厚生労働省からの報告で、今、話題になっている地域からの入国者の空港検疫で、無症状で感染している人が10人と発表がありました。
これらは、氷山の一角です。やはりなという数です。
PCR検査は万能ではありませんので、検査結果が「陰性」ですり抜けている人が多数いると考えられます。
もともと水際対策は、とても難しいので、完璧でないと考えるのが一般的で、目くじらを立てる必要はありません。
しかし、空港検疫で10人という数を見ると、たいへん恐ろしく感じます。
この事実を知り得ない、もしくは理解できない人たちの間で感染が広がっております。だから、新型コロナウイルス感染者の年齢層が若くなってきております。
学校は、1時限でも、この新型コロナウイルスの現状と対策について扱っていただきたいものです。
新型コロナウイルスワクチン接種が、いよいよ本格化してきておりますが、今のやり方であれば、あと約7〜8ヶ月は、かかるそうです。
ワクチン接種で、6ヶ月間は抵抗力(抗体)が得られるとした場合、優先接種をした人も全員が8ヶ月後には、抗体を持っているかは不明で、この接種を終えた中からも、
さらに接種を必要とする人が増えてきます。これでは、8ヶ月どころか、1年たっても終わりません。
これでは、日本では集団免疫が得られない可能性があります。
ワクチンが確保されているのならば、遅くとも6ヶ月の半分の3ヶ月以内に、接種を終えるという気概を持って取り組まないと難しいです。
ワクチン接種が進んでいる国のように、自由になりたいから早くワクチン接種をしたいと望む若年層が増えてきております。
当然なことではありますが、ファイザーやモデルナ製のワクチンは、高い割合で抗体を得ることができるのですが、全員でないということを理解すべきです。
だからこそ、抗体検査は必要です。
国に対して、当院では風疹抗体のように、新型コロナウイルスワクチン接種後の抗体検査も無料化していただきたいと考えております。

ブログ一覧へ戻る 

役立つ情報を発信しております
当院のお知らせをご連絡いたします
浦安せきぐちクリニック通信 院長ブログ
まもれ関節
MCIスクリーニング検査
オンライン診療と同意書
浦安せきぐちクリニック浦安駅より徒歩3分浦安駅より徒歩3分
診療時間
日・祝
08:45 - 12:3014:30まで
14:45 - 18:30
電話予約

アクセスページへ