浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2021年6月19日

浦安市内の新型コロナウイルス新規感染者数より考えること

6月19日に発表された浦安市内の新規感染者数は7人、市内での累計感染者は1,351人になります。
浦安市の感染者は、人口10万人あたり18.8人で、東京都の19人と遜色ありません。
私が産業医として指導させていただいている事業所は、しっかりと対策をしてくださっておりますので感染者は出ず、感謝しております。
たまたま美容室の店長から相談を受けましたが、案の定、新型コロナウイルスについては全くわかっておりませんでした。
いつまで、マスクをしないといけないのでしょうかということが第一声でした。
答えは、ずっとです。すると、大変、驚かれました。
行政も、しっかりと教えてあげる余裕がないのが一因ですが、事業者は、自ら、責任を持って情報収集をすることも必要です。
情報格差のため、この人口10万人あたり18.8という数字は、当たり前の結果として受け止めて欲しいです。
この美容室が、クラスターを出したという事実はないことを、まず、はじめにお伝えしないといけません。
来店時には額の温度計で測定し発熱がないかを確認し、手指にわずかのエタノールスプレーをかけて席に案内します。
これは、どこでも同じようですが、実はこれでは甘いです。
なぜなら、新型コロナウイルス感染は発熱の数日前から感染力があるから、発熱なしでは明らかに見逃します。
客には、マスク着用のお願いをするそうです。これは良いとして、肝心なのはマスクの仕方です。
スタッフは、苦しいからマスクはしているが鼻を出している状態、苦しいからという客には無理強いできずマスクを外しても文句が言えないそうです。
また建物の構造上、窓は常には開けられず2〜3時間ごとの換気をし、かわりに店の裏側のスタッフルームなどの窓を少し開けているということでした。
確かに、客やスタッフが感染していなければ感染しないでしょうが、絶対大丈夫だとは言えません。
たまたま様子を見に行くと、顎にマスクをつけていますが、鼻と口はマスクで覆われていない壮年の客が一人、慣れた様子で担当スタッフと談笑しておりました。
髪も染めていたため、おそらく2時間くらいは滞在するのでしょう。その間、客は躊躇せず咳もしながら、ガハハという感じで話が止まりません。
担当スタッフも、さらに話を盛り下げるどころかむしろ、盛り上げながらという感じで大きな声が轟いている有様でした。
この客が感染者であれば、担当スタッフは感染し、他のスタッフに広がる可能性が出てしまいます。
接客だから仕方ないのでしょうが、今はコロナ禍です。忖度しましょう。
換気については、空気の流れは、あまり感じられない状況でした。
これでよく、この美容室は新型コロナウイルスが蔓延しないなと感心しましたが、たまたま感染者が来ていないだけの話です。
すべての美容室が、このようでなく別の所は、大変素晴らしい対応をしております。むしろ、客から伝染しないようにと自ら怯えながら、がんばっている美容室もたくさんあります。
この温度差が、問題です。
手探りの中で、効果の弱い対策をしているにもかかわらず、対策しているものとばかりに営業するところは困ったものです。
我々医師の責任でもあります。もっと情報を与え、新型コロナウイルスワクチンがある程度の数、接種し終えるまで蔓延させない時間稼ぎをしないといけません。
マスクをしない、わけのわからない何人以下で、何メートル離れているから大丈夫というソーシャルディスタンスルールなど困ったものです。
より効果的な予防策は、やはりお互いが適切な方法でのマスクをするといくことです。何ども書いておりますが、新型コロナウイルス感染を引き起こす要因は、マナーが悪いからです。
新型コロナウイルスワクチン接種をし、予防に足る新型コロナウイルス抗体価を獲得し、マスクをして相対する。これがマナーです。
幸い、新型コロナウイルスワクチンは、効果が高く専門家会議も期待しているほどです。
あと少しです。皆が、一丸となって取り組めば、新型コロナウイルスは恐れることはありません。マナーを守る、ただ、それだけ。
ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン接種を、私どもは二回とも無事に済ませており、その抵抗力たる抗体価が新型コロナウイルス予防水準をかなり上回っていることを確認していることを最後にお伝えします。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ