浦安せきぐちクリニック院長ブログ

浦安せきぐちクリニック 内科・リウマチ内科・皮膚科・泌尿器科
浦安駅より徒歩3分 お問い合わせはこちらから 047-306-3557

ホーム > ブログ > 2021.12.15

浦安せきぐちクリニック院長ブログ

ブログ

浦安せきぐちクリニック院長ブログ 浦安せきぐちクリニック院長ブログ

2021.12.15

リウマチ内科

デュピュイトラン拘縮|内科|リウマチ内科|皮膚科

デュピュイトラン拘縮という疾患のお話です。手掌(てのひら)の皮下には線維性の手掌腱膜(しゅしょうけんまく)というものがあり、これにより、皮膚が移動しにくくなっているため物を握ることができます。前腕の屈側中央を走る長掌筋腱(ちょうしょうきんけん)と手掌腱膜はつながっていて、各指に向かって扇状に広がる構造をしています。この手掌腱膜にコラーゲンが異常蓄積し太い束様の拘縮索ができるものがデュピュイトラン拘縮です。

指が曲がったままとなるので整形外科へ相談することが多いと思いますが、手掌に瘤ができたと皮膚科に相談されることもあります。しかし、糖尿病性手関節症に含まれるものでもあるので、糖尿病、リウマチ、そして皮膚科のある当院でも相談されることが多い疾患のひとつです。

症状は、手掌から指にかけて瘤のようなものができ、皮膚がひきつれて徐々に伸ばしにくくなります。薬指、小指に多く見られますが、他の指や足の裏にもできることがあります。通常は、痛みはなく指を曲げる腱が浮き上がっているように触れますが、これは手掌腱膜が肥厚し退縮したもので指を曲げる屈筋腱は正常です。

原因は不明ですが、遺伝的要因、手掌腱膜への小外傷の繰り返し、高齢男性、糖尿病が原因として挙げられています。

男女比9対1と男性に圧倒的に多く、それも50歳以降の高齢男性に多いです。

糖尿病には、1型と2型がありますが、デュピュイトラン拘縮の16〜42%に糖尿病、そのうち半数が1型糖尿病というくらい糖尿病の方は多いです。

糖尿病の診察の際には、必ず手を診ることが大切です。

診断は、腱の断裂や癒着、腫瘍などを鑑別しつつ、手の硬結と典型的な指の変形などにより比較的容易に診断がつきます。

当院で行っておりますが、超音波検査も役立ちます。

治療は、指の変形のため日常生活に支障をきたすようになると皮膚の突っ張りをとる手術(腱膜切除)を行い、その後は、リハビリテーションや夜間伸展位固定(装具療法)を行います。もちろん、こうなると病院(整形外科)への紹介が必要となります。

以前は、たまったコラーゲンを溶かすザイヤフレックス®︎注射用(下の写真)という薬があったのですが、今もなお供給中止中ですので治療の主体はリハビリテーション、ひどいときは手術という具合です。

文責:浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ内科・皮膚科・泌尿器科)院長 関口直哉

参考:http://www.jssh.or.jp/ippan/sikkan/pdf/17dyupyuitoran.pdf

ブログ一覧へ戻る 

役立つ情報を発信しております
当院のお知らせをご連絡いたします
浦安せきぐちクリニック通信 院長ブログ
まもれ関節
MCIスクリーニング検査
オンライン診療と同意書
浦安せきぐちクリニック浦安駅より徒歩3分浦安駅より徒歩3分
診療時間
日・祝
08:45 - 12:3014:30まで
14:45 - 18:30
電話予約

アクセスページへ