浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2017年2月1日

リウマチ専門の意味について考えてみた

三省堂大辞林で、「専門」という言葉を調べると、一つの方面をもっぱら研究したり、それに従事したりすることとあります。
つまり、「リウマチ専門」とは、全身性の炎症性疾患であるリウマチをもっぱら研究したり、その治療に従事したりすることとなリます。

とある研究会に参加した時に、発表しているある医師が、自分のクリニックを初のリウマチ専門クリニックと紹介していたのを思い出します。
さぞかし、その診療体系は参考になるだろうと期待をしましたが、関節の腫れや痛みをもっぱら治療するだけで、通院中の方が感冒症状を呈した場合やリウマチ治療に伴う肺炎などの場合、つまり内科的な治療を必要とした場合は近隣の提携病院にお願いするということでありました。

確かに病診連携をしている点から診療体系は完成していますが、全国のリウマチ専門医の先生方は、すでに同じことはされているわけで特別さは全くなくがっかりしたことを覚えております。

関節リウマチは全身性の炎症性疾患であり、これを対象とするわけだから治療やそれに伴う合併症や副作用の対応全ての管理をしないと本当の意味で「リウマチ専門」とは言えないのではないかと私は考えて、そうあるべきと医療機器も揃え日々努力しております。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ