浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2016年11月23日

雑談

自分の子供に、「字はきれいに書くように」といつも言っております。
学習塾もこのように言うようです。

当時みなそうだったように、私は、おきまりのように書道を習っておりました。
受験勉強のため途中で辞めざるをえず3段で終了でした。

自分の子供に、字をきれいに書くようにと言うこととなるとは夢にも思いませんでした。
医者の字は、きたなくて読めないと言われることが多いことを考えると医者になる素質があるのでしょうか?

研修医が終わり入局をした頃、関節リウマチの治療の変遷があり臨床研究が目白押しとなり、過去カルテを調べることが必然的に多くなりました。
深夜に調べてみると傑作と言わんばかりの字で何て書いてあるのかわからないものや、字も読みやすく内容も良くまとまって限られた外来の時間で、さすがと言わんばかりのカルテもありました。
サマリーまで全て英語で書いてあり、これはすごいなというカルテもありましたが、あとで知ったのですが、それは若かりし頃の教授が書いたものでした。感服いたしました。

パソコン、スマホなどばかりで実際、私は字を書くことが少なくなりました。
それでは、いけないと最近は、できるだけ字を書くようにしております。
書いていると、書道をならっていた昔を思い出し、しみじみと日本のかなは美しいなと感じいる今日この頃です。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ