浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2016年8月28日

帯状疱疹の発生率

もともと膠原病を治療していくうえでステロイド薬を使うのですが、帯状疱疹、そして帯状疱疹後神経痛で苦しまれる方を見てきました。
なんとかならないかと考えていたのは、免疫抑制療法を行う前のすべての方に帯状疱疹に対するワクチンをうってもらい、その抑制効果を判定してはどうかなというものでした。

しかし、ちょうど大学を辞めるか辞めないかというときのことで倫理委員会の問題で頓挫しました。
また実際は帯状疱疹がどのくらいの頻度でおこるのかという信用できるデータがないのも問題でした。

論文を調べると、ワクチンの重要性を示すものが既に報告され、やはりという感が強いです。

The SHEZ studyという2009年から2102年の小豆島のデータをもとにした帯状疱疹の現状についてのデータが、とても貴重です。

50歳以上の男女を1000人を1年みていくと、だいたい11人が帯状疱疹を発症し、2人くらいが帯状疱疹後神経痛になってしまうというものです。
この基礎データがあるのとないのとでは大違いであるので尽力された研究グループの方には感謝申し上げます。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ