浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2015年12月20日

最愛

最愛の妻が亡くなりました。この記憶を残すために不謹慎ながらブログに書き留めておきます。

2013年12月24日未明、妻が急に腹痛を催したので病院に連れて行き、そのまま入院。
超音波、胃カメラ検査などを受け下された診断はスキルス胃癌・・・。
暮れから新年にかけては、新婚旅行で行ったことのあるオーストラリア旅行のはずでしたが儚くも行くことはできなくなりました。

「私ってこんな感じで死ぬんだ」と涙ぐみながら医療人であった妻は、自分の命について悟っておりました。
それでも幼い子供が2人いるので、何としてでも生きぬこうと夫婦2人で誓い、出来るうる限りの治療を受けました。

おかげで最初の1年は癌も小さくなり2014年は小康状態となりました。
このまま、なんとか切り抜けられるかと甘い考えを打ち砕くように2015年になると、全身いたるところの転移巣の増悪の繰り返し・・・。
髪の毛も抜け落ち・・・。
ぽつりと「もう、髪の毛は生えそろうことはないのだろう」と泣いておりました。

しかしながら、持ち前の気丈さから辛さの中でも笑顔で精一杯頑張った妻。
日中はいつもソファーで横になっていました。
襲ってくる癌による激痛、鎮痛薬(麻薬)による朦朧状態、いつ死ぬのかという恐怖・・・。計り知れません。
それでも、私が帰宅すると、叱咤激励しながら子供の勉強を見ていたりして驚かされたものです。

ときには、食事も作ってくれたり、ケーキを作ってくれたり、「疲れたでしょう。肩を揉んであげるよ。」など気遣ってくれました。
感謝、愛、かけがえのない存在、片翼・・・。涙が止まりません。
どうか、天国で辛さのない安寧な生活を送ってください。
子供の成長を見極める責任がありますので、いつになるか分りませんが役目が終わったら会いにいきます。

それまでは、束の間のお別れです。
今まで本当にありがとう。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ