浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2015年9月27日

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome; IBS)は頻度が高い消化器病でストレス関連疾患である。

Rome III 基準において、「腹痛あるいは腹部不快感が最近 3カ月の中の1カ月につき少なくとも3日以上は生じ、その腹痛あるいは腹部不快感が
1)排便によって軽快する
2)排便頻度の変化で始まる
3)便形状の変化で始まる
の3つの便通異常の2つ以上の症状を伴うもの」と定義され便形状によって便秘型,下痢型,混合型,分類不能型の 4 型に分類されている。

診断は特徴的な症状と主要な器質的疾患の鑑別により行う。

感染性腸炎 により罹患率が高まる。生物学的マーカーが追求されtumor necrosis factor-α、interleukin-1βなどのサイトカイン、神経再生に関与するbrain derived neurotrophic factor、腸内細菌とその産物の一定の役割が解明されつつある。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ