浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2014年8月21日

メトトレキサート量について

以前のメトトレキサートは週8mgが上限でしたが、承認済医薬品の適応外処方について科学的根拠に基づいて医学薬学上公知であると認められる場合に臨床試験の全部又は一部を新たに実施することなく効能又は効果等の承認が可能となる制度(公知申請)により週16mgまで使用できるようになりました。

メトトレキサートは週7.5mgくらいならば服用した場合と皮下注射した場合を比べてみると同等に吸収されますが、週15mgを超えると服用した場合では皮下注射した場合に比較して約30%も効力が落ちてしまうということは知られておりました。

週16mgという量は、良いように解釈すれば効力が落ちる結果、毒性が緩和され日本において最大効果が発揮されるとも言えますが、無駄なことをしているとも言えます。

いつも外国のリウマチ専門医からは日本のメトトレキサート量は少ないと指摘を受けていたものだから、公知申請後、日本の各リウマチ専門医がこぞって幕末の尊王攘夷運動ではないけれども、「rapid escalation」「rapid escalation」と言いながら1ヶ月ごとに8mg、12mg、16mgと増量しだすようになりました。

しかし、良いことばかりではなく副作用も目立ち口内炎に始まり、胃がむかむかしたり、採血すれば肝機能障害と副作用が目につきメトトレキサートを減量し10mgくらいの量に落ち着くという結果になっております。
これは、メトトレキサートの承認用量が8mgになぜなったのかという議論に思い当たります。

最近、海外でもメトトレキサートは以前より少量でも良いのではないかという論文が発表されております。
コップに水を満たすのに、あふれさせる量をついでとりあえずあふれても満たさせるか、あふれさせないように少しずつ様子をみながら満たさせるか、この点、なんとなく外人と日本人の性格の違いのように見えて面白くなりました。
当院の平均メトトレキサート量は週9.8mgです。

安全性第一で、しっかり拝見させていただいております。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ