浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2014年7月25日

アセトアミノフェン(カロナール Ⓡ)

シクロオキシゲナーゼ阻害活性が弱く、抗炎症作用も明らかではないため基本的にはNSAIDsには分類されない。

解熱作用として、視床下部の体温中枢に直接作用して熱の放散を増大させることにより解熱作用を発揮する。
COX阻害活性は弱く、抗炎症効果はほとんど認められない。
鎮痛効果の主な機序は不明である。
特にアルコール多量常飲者では肝障害をおこしやすいので注意が必要。

通常量では、消化管障害を増加させないが2000mg/日を超える使用では消化管障害を増加させるという報告もある。
NSAIDsに比較すると有効性は弱いが、安全性が極めて高い鎮痛・解熱薬である。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ