浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2014年7月23日

関節リウマチ治療雑談

私は、内科のリウマチ専門医です。
私の学生時代、関節リウマチの治療は、東はリウマチ内科、リウマチ膠原病内科、膠原病リウマチ内科、膠原病内科、膠原病アレルギー科などの内科医が担当し、西は主に整形外科医が担当するという傾向がありました。

最近、とても興味深い話があったので紹介します。

たまたま、隣あわせになった方とお話をすると、実は関節リウマチで治療を受けられていると伺いました。
リウマチ科の先生には顔見知りの方が多いため、もしかしたら知り合いの先生かと興味があり伺うと、残念ながらお住まいの近くの整形外科・リウマチ科を標榜しているところにかかっておられるというお話でした。
関東で整形外科医で、なおかつ関節リウマチを診ておられる先生は、わずかしか存知あげず具体的な名前をお聞きしましたが存じ上げませんでした。

では、整形外科の関節リウマチ治療の実際についてはどうかと興味があったので伺ってみることにしました。
すると、この先生が特別なのかも知れませんが、内科の私としてはたいへん驚きましたし、とても不便だなと思いました。

その理由を、まずは伺った事実だけ箇条書きにしてみます。診察は、
1)関節を診察する・・・これは当たり前
2)血液検査結果を判断する・・・これも当たり前
3)関節リウマチの治療評価をし継続するかどうか判断する・・・これも当たり前
という具合に確かに関節リウマチの診療はしております。

では、なぜ、私が驚いたのかというと、関節リウマチの治療は、免疫を抑えることになるので、例えば咳、鼻水、発熱など感染症を引き起こしたときにはどうするのですかという質問の答えからです。私は、関節リウマチを診ている整形外科の先生は、整形外科医ではあるが、舌圧子を使い咽頭を診察したり聴診器を使って呼吸音を診ることぐらいされていると思っておりました。関節リウマチを診察している先生ならばと勝手に思っておりました。

事実は、「聴診はいっさいしない」「感染症が想定される場合は、内科を受診」「あくまで関節のみ診察」ということでした。

すべての先生がこのようであると思えませんが、これが事実であればとても残念です。
専門性を重視しているのかもしれませんが、全身疾患の関節リウマチ治療としては不便さを感じずにはいられませんでした。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ