浦安せきぐちクリニック院長ブログ

浦安せきぐちクリニック 内科・リウマチ内科・皮膚科・泌尿器科
浦安駅より徒歩3分 お問い合わせはこちらから 047-306-3557

ホーム > ブログ > 2022.07.18

浦安せきぐちクリニック院長ブログ

ブログ

浦安せきぐちクリニック院長ブログ 浦安せきぐちクリニック院長ブログ

2022.07.18

皮膚科

掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症に、ある女優さんがなり話題になったのですが、掌蹠膿疱症は乾癬と同様、とてもありふれた疾患です。かつての治療は、今もなお処方されているビオチン、外用薬、そして扁桃腺や歯の詰め物が原因の一つと考えられ摘出されたりと色々なことがされておりました。しばらくすると自然に治るのですが、その病態が解明されるにつれ治療の体系化がされるようになってきました。掌蹠膿疱症は、乾癬と同様に、関節炎を伴いますが好発部位が違います。乾癬では、末梢性関節炎と言って指先の変化が多いのに対して掌蹠膿疱症は、前胸壁に多いという特徴があります。これを掌蹠膿疱症性骨関節炎(pustulotic arthro-osteitis:PAO)と呼びますが、その頻度は10〜30%です。この病態をみるとSynovitis-Acne-Pustulosis-Hyperostosis-Osteitis (SAPHO)症候群と皮膚科以外では診断されることが多く、これがまた混乱に拍車をかけ厄介になります。実は、SAPHO症候群と診断された80%は、この掌蹠膿疱症性骨関節炎(PAO)だったという報告があります。

 

文責:浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ内科・皮膚科・泌尿器科)院長 関口直哉

 

ブログ一覧へ戻る 

浦安せきぐちクリニック通信 院長ブログ
まもれ関節
リウマチガイド
役立つ情報を発信しております
内科MCIスクリーニング検査プラス
オンライン診療と同意書
当院のお知らせをご連絡いたします
浦安せきぐちクリニック浦安駅より徒歩3分浦安駅より徒歩3分
診療時間
日・祝
08:45 - 12:3014:30まで
14:45 - 18:30
電話予約

アクセスページへ