浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2019年5月1日

令和元年雑談

高校生2年のとき、たしか予備校で講習を受けていた頃かと思うが、天皇崩御と予備校講師から聞いた。

そして「平成」となったが、「昭和」で慣れていた自分としては純粋に「平成」の耳障りは、良くなかった。

「昭和」は、おびただしい人の命が大戦という愚かな行為により失われた。

平和を期待した「平成」でも、テロ行為や震災などで、また多くの人の命が失われた。

GHQによる骨抜き政策が、いまだに生きていると思えるほど、日本史の教育者たちのモチベーションは低いし日本史が好きという学生も私の

まわりにはいない。日本史は、とても便利である。形を変えて現在に役立つ情報をもたらせてくれる。

日本人は、世界からみた日本という歴史を勉強すべきであると思う。

今の日本も、一部の先進的な方をのぞいて、幕末の黒船がきてびっくりという体たらくである。

これでは世界からどんどん遅れをとってくる。

ITと言われて久しいのに、まだまだネット速度も遅いし、価格もとても高い。

小学生よりPCに慣れ親しんでいた自分にとって、こんなに日本は後進的だったのかと。ネット速度の新聞記事を読んだときの驚きはなかった。

NTTの幕臣レベルの遅々たる対応と投資額の少なさが書いてあった。

2020年のオリンピックには、自動運転は間に合わないだろうし、特許、医学を含めた研究分野、AI、通信速度、語学のすべてが

アメリカ、中国を2強として他の先進国より遅れてしまっている。

令和は、個人的には幕末のような感じを受けている。本当の意味での情報技術の維新が必要である。

これから、AIがどんどん伸びてくる。現に、マンモグラフィーの読影結果ではAIの診断能力の高さが証明されている。

マンモグラフィー自体が、あまり推奨されていないという事実に目をつぶればである。

近い将来、放射線科医師の画像診断という仕事はAIに取って変わられるだろう。

このたび、英断による退位で、本日から「令和(れいわ・Reiwa)」となった。

個人的には「令和(れいわ・Leiwa)」として欲しかった。英語圏の人は、Reiは読めないと思うからである。

また崩御でなくて良かったと個人的には思う。

ひとりの日本人として、この新しい令和が皆様の福音になるべく、当院も常に情報を発信できるよう精進しようと思う。

 

 

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードしていただき、あらかじめ記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。

このページのトップへ