浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2017年7月30日

関宿城


第一回目の関宿城トライアルでは、自転車のタイヤがパンクしあえなく終了。リベンジを果たすべく、タイヤは近所にある大変、信頼のおける自転車屋さんにみてもらい準備万端で臨みました。後で、子供達になぜ夏に関宿城なの?と質問され、それは軽装でのぞめるからと答えたが、子供達に言わせると熱中症が心配な時期になんと馬鹿なトライアルだという意味だということだった。天候は、曇り、いや小雨が降っている。おいおい、第二回目の先が思いやられるぞ。しかし、恵の雨だ、これで暑さが凌げると前向きな考えでどんどん進みました。片道60km、時速20kmとすれば、3時間で到着する。水は、1500mL用意した。適宜、水分補給をしながら進んで行くつもりだ。流石に、向かい風は、しんどかった。一時間、自転車をこぐと汗が滴り落ちて大変な状態だった。途中、途中で水分補給をして、どんどん進む。江戸川沿いに遡る形で進むので、今井、篠﨑、対岸には、流山、松戸、そしてとうとう先輩の開業している埼玉県三郷となり自転車であれば意外と近いのだなと感動しながら、さらに関宿城を目指し進んで行った。良いぞ、今回はパンクなし。すると後ろから、競輪選手のような方が颯爽と私を抜いて行く。何くそと思い、私も頑張る。競輪選手とのバトルのおかげでどんどんと進み、気づくと関宿城はこちらですみたいな看板が見えるまでのところに辿り着いた。すると、遠方に天守閣?のようなものが見えるではないか。あと少しだ。これでリベンジだと、最期の力を振り絞り自転車をこいだ。やった、念願の関宿城にたどり着いた。もっと歴史観溢れる建物かと思ったが、史料館になっていた県の建物で、城と期待していたため少しがっかりとしたが、史料館を楽しもうと入城したら北条氏康・氏政、簗田晴助の朱印状等が展示してあり、感動した。一休みをしてから、帰路につくがこれで念願の関宿城に到着することができた。やればできる。病気もしかり。最後まで、諦めずに頑張れば乗り越えられる。
リベンジ達成。明日の筋肉痛が怖い。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ