浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2020年3月8日

新型コロナウイルスの終息に最も大切なことは、日本的な「思いやり」です!

朝日新聞の引用です。
千葉県は7日、新たに4人が新型コロナウイルスに感染したと発表。松戸市内の20代の女性保育士は、発症後も都内の保育園で勤務。県疾病対策課によると、松戸市内の女性保育士は2月27日に発熱。翌日、勤務先の東京都内の保育園に電車で通勤し、県外の医療機関を受診。一時的に症状が軽くなり、3月3~5日も出勤。3、4日は松戸市内の飲食店でアルバイト。6日、県内の医療機関を受診し検査の結果、新型コロナウイルスの感染が確認。女性は2月24日、複数の感染者が出た大阪市北区のライブハウス「Soap opera classics Umeda」のイベントに参加。
新型コロナウイルスの問題が連日とりあげられている時に、症状から「もしや新型コロナウイルスではないか」と思われなかったのでしょうか?他者にうつさないようにしようという思いやりの心がなかったのでしょうか?保育士という職業を聞いて、とても残念に思われました。
論文からですが、単なる風邪と新型コロナウイルス感染の初期は見分けがつきません。もしやと思う方は出勤しないで自宅待機をし、4日待ち相談者センターに連絡をしましょう。ただ相談者センターも渋い対応で、かかりつけに診てもらってくださいと感染拡大を助長させるかのごとき対応が多いのですが・・・。実はインフルエンザであっても4日すれば自然に治ります。インフルエンザは、予防、検査、治療という流れがしっかりしているので検査や治療を行いますが、40年以上前は、ほとんどの方が家で休んで汗をかいて治していたのではないでしょうか?私もそうでした。新型コロナウイルスの場合は、現時点で治療薬がありません。予防、検査、治療という流れがないのです。様子をみて、ひどくなる様ならば入院し起こる症状に対し、できることをするだけです。運任せです。だから、かからない、うつさないという流れが大切です。不安はわかりますが、かの保育士のように多数の医療機関を受診するのは、いたずらに医療機関を汚染させ機能停止をさせてしまいます。すると通常の診療ができなくなるため、他の病気で助かる命が救えなくなってしまいます。他者にうつさないという日本的な「思いやり」がとても大切です。論文からすると大半が軽症のようです。急いで受診する必要はないのです。新型コロナウイルス感染をクリニックレベルで診るのは大変危険なことです。理由は、個人防護具(PPE)がマスク同様に、ほとんどの医療機関で不足しており、今までPPEを着用する緊迫した現場を経験した医師の数も、クリニックレベルでは少なく消毒の知識も不十分だからです。クリニックが診療の中心となったときは、間違いなく感染を拡大させてしまいます。もちろん、クリニックが診療の中心となったときには、蔓延し手が付けられない状況だとは思いますが。民放テレビで、新型コロナウイルスの診療はしたことがない医師がコメンテーターとして何度も出てきますが、その解説内容や実際の診療の状況を見ると、「怖いな」と思ってしまいます。新型コロナウイルスに関するTV番組は、わからない部分が多すぎて情報が断片的で整理されたものではありません。医学的知識がない場合は、とてもわかりにくいと思います。TVには出られないとは思いますが、新型コロナウイルスと実際に立ち向かっている本当の医師の話を聞きたいと心から希望します。医療機関が汚染し、感染を広げる場になってはならない。そうは言っても、実際に困っている人を見捨てるわけにはいかない。難しい問題です。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ