浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2020年3月12日

新型コロナウイルス(COVID-19)の拡大が、「パンデミック(世界的大流行)」。

パンデミック(世界的大流行)とは、世界の様々な地域で新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大している状態を示します。
やはり危惧した通りになってしまいました。
中国から出発した新型コロナウイルスが今まさに世界を席捲しようとしています。
中国依存の世界の動きが、大変危険なものであると新型コロナウイルスが代弁しているようです。
新型コロナウイルスとの戦いは、まだまだ序盤戦です。
ワクチンが実際に実用化できるかどうかは不明ですが、ワクチンが実用化される予想としての1年から1年半の間を耐えられるかが鍵となります。
ワクチンができて、皆が新型コロナウイルスに対して抵抗できるようになると感染は終息していくでしょう。
それまで、我々ができることは感染する人を減らすこと、そのためには感染したならば新たに感染させないように自ら控え、もしくは隔離することしかありません。
予防、検査、治療という流れのない今は、ただ感染しない様に理性的な行動をすることです。
北海道で2/28に非常事態宣言が発せられましたが、グラフをみると、その後の感染者数は、さほど増えていないように思えます。
数週後に結果は明らかにされるでしょうから日本での封じ込めは、一時は、うまくいくだろうと思います。
しかし、不安材料としてのオリンピック開催がありますし、医療発展途上国のアジア圏からの再流入など到底、終息は無理でしょう。
とにかく「ワクチン」です。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ