浦安せきぐちクリニック院長ブログ

浦安せきぐちクリニック 内科・リウマチ内科・皮膚科・泌尿器科
浦安駅より徒歩3分 お問い合わせはこちらから 047-306-3557

ホーム > ブログ > 2020.03.14

浦安せきぐちクリニック院長ブログ

ブログ

BLOG

浦安せきぐちクリニック院長ブログ 浦安せきぐちクリニック院長ブログ

2020.03.14

トピックス

新型コロナウイルスについて私的まとめ その3

評論家は、それが仕事だから仕方ないのですが、休校措置について言いたいことを好き勝手に言っております。
しかし、医学的な面から言うと日本のお粗末な医療体制にもかかわらずパニックにならないというのは、自粛や若年者の休校措置という古典的な方法が功を奏していると考えられます。ABCニュースを今はかかさず見ておりますが、ダイアモンド・プリンセス号を受けて入れたため海外メディア、とくにアメリカなどは連日の様に「横浜から新型コロナウイルスが云々」と報道しておりました。まず、ダイアモンド・プリンセス号は日本のものではないし、姉妹艦についてはどうなのかと言いたくなります。そして、あれほど日本は新型コロナウイルスが中国についでどうこうと言っていたのに、今ではアメリカがCDCという専門部署の指導のもと学校を休校にし、ブロードウェイのショーを休演し、大規模集会を自粛させ、ディズニーランドも閉鎖、NBAなどのスポーツも自粛、国家非常事態宣言を発動しました。また、イタリアは、国自体を封鎖したのですが感染者の数が抑えられず医療崩壊を起こし、まさに第二の武漢市となってしまいました。私は、ダイアモンド・プリンセス号の対応をみて日本も武漢市のようになるかもと思っておりましたが・・・。
医師は政治とは無関係であれと思いますので、私は安倍首相の発言についてどうこう申し上げる気はありませんが、現時点で日本が、他国のような惨状にはなっていないのは評価できると思います。北海道は突出して感染数が多いので、がんばれとエールを送ります。
診断ができ、かつ有効な治療ができてはじめて医療は完結すると考えます。今回の新型コロナウイルスは、まず典型的な発病の方もいれば非典型的な、たとえば頭痛だけとか下痢だけとか、熱もなくすこしだるいだけとか様々な方がいて、診察だけでは診断がとても難しい感染症です。専門病院でPCR検査をして診断がついても、特効薬がないので風邪薬を飲むくらいしかなく、不運にも肺炎を起こし呼吸困難となったら集中治療を行うというものです。今、新型コロナウイルスのワクチンが作成されつつありますが、効果や安全性をみる治験を行うため1年はかかるという予想です。ワクチンがでて効果があれば、状況は一変するはずですので何とか今の古典的な対応を続け、あとは皆が感染しないようにと祈るばかりです。

ブログ一覧へ戻る 

役立つ情報を発信しております
当院のお知らせをご連絡いたします
浦安せきぐちクリニック通信 院長ブログ
まもれ関節
MCIスクリーニング検査
オンライン診療と同意書
浦安せきぐちクリニック浦安駅より徒歩3分浦安駅より徒歩3分
診療時間
日・祝
08:45 - 12:3014:30まで
14:45 - 18:30
           
電話予約

※診療時間外はつながりません

アクセスページへ