浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2020年3月15日

当院では、徹底して1月より新型コロナウイルス感染の可能性を少しでも疑われる方をお入れしておりません。

当院では、1月より新型コロナウイルス感染の可能性を少しでも疑われる方を徹底して院内にはお入れしておりません。
中国は中国共産党が全てにおいて優先されるという国のため習近平国家主席の指示がなければ現場が動けず新型コロナウイルスの感染を拡大させ世界を大混乱に陥れました。
開業医の実際をお伝えしますと、新型であるがため自分で調べる情報以上のものがないという有様です。お叱りは甘んじて受けるという覚悟で、当院は独自の判断で感染拡大の原因となり得るインフルエンザ迅速検査も1月下旬より早々に中止しております。
すべてが初めてのことであるので、徹底して院内は非汚染区域と考えて愚直に対応しております。
院内の換気、エタノール消毒、待合室での座る間隔も、もちろん配慮させていただいております。
現在はパンデミックですので、スタッフ総出で電話対応を行い、皆さまの不安をなくすため考えうることを行っております。
外来にくると感染するかもしれないので受診するのに不安があるという方や、感染する覚悟で来たという方が多数おられました。
しかし、当院の徹底した対応をみて安心できたというありがたいお言葉をいただきました。
新型コロナウイルスは、既に知られている感染性の疾病(一類感染症、二類感染症、三類感染症及び新型インフルエンザ等感染症を除く。)であって、感染症法上の規定の全部又は一部を準用しなければ、当該疾病のまん延により国民の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあるものとして政令で定めるもの(感染症法第6条)という指定感染症となっております。有効なワクチンがない現状では条件が揃えば間違いなく感染します。
専門家でもなく実際に診察を行ったこともない私ではございますが、軽症者が重症者のベッドを奪うのを防ぐ大阪府の入院フォローアップセンター構想のようなことを最初から考えておりました。開業医が無駄に限られた資源であるマスクや防護服を使用するのはどうかという考えもございます。軽症ならば感冒薬、重症ならば集中治療室というのが新型コロナウイルス感染症の治療の大筋だと思いますので開業医がでる幕はなく、むしろクリニックが感染拡大の場となることは絶対に避けなければならないという考えは今も変わりません。
汚染してはならないという究極に難しい対応を迫られる場合は、汚染と非汚染の明確な線引きが大切です。
マスコミも最初に批判していた態度を改め、PCRを全員にしろとか言わなくなってきたようですし、今の日本の感染対策に一定の理解を示せる様になったようです。2年くらい、腰を据えて新型コロナウイルスに立ち向かうという報道をしている局もございました。
オリンピックを開きたいのはわかりますが、出場をかけた予選も中止されていると思いますのでオリンピックの開催予定日までに出場選出が全部決まるのでしょうか?まだ報告すらできない医療体制が弱い国の感染状況もわからないので、オリンピック出場辞退もしくは入国拒否の対象国の続出、新型コロナウイルス蔓延国からの感染者の国内流入などを考えてみると東京オリンピックが延期となるのは時間の問題と思うのですが、どうでしょうか。
新型コロナウイルスは有効なワクチンさせあれば容易に封じ込めるでしょう。早くワクチンができることを期待し(ただとてもハードルは高いでしょうが)皆で、この難局を協力して乗り切りましょう。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ