浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2020年3月18日

新型コロナウイルスは、やっかいだ(その1)。

china shockとも名付けたい新型コロナウイルスが、ヨーロッパを席巻し医療崩壊、経済崩壊の様相を呈しております。
高齢の方は重症になり、不幸にも亡くなる方が多いが、若い方は軽症であることが多いという言い方をされております。
若い方は亡くならないのかというと、そうではなく数が少ないだけで亡くなっている方はおります。 
これが軽視されている現状を危ういと思います。
諸外国に比べてPCR検査ができていないという話題がいつものように民放番組で取り沙汰されますが、PCR検査を全員に行うことは検査が100%の信頼をおけるという前提条件がないと意味がありません。PCR検査は有用な手段ですが、新型コロナウイルス感染の陽性・陰性をすべて言い当てることは無理です。検体の取り方、処理の仕方、感染してから何日目か、PCR検査試薬に異物混入がないかなど問題点をあげればキリがありません。国民全員が調べたとしても、その時点での感染率であり、次の日は新たな感染者がでているわけで全数把握は難しいと思います。ある狭い集団のなかでの発生率はわかるかもしれませんが・・・。日本は島国で狭いと考えている方ならば無理はないかもしれませんが、私は日本は検査をするには狭いとは決して思いません。
新潟県は、前もっての電話連絡をしてからの保健所でのドライブスルー方式で検査を進めており素晴らしいと思いますが、ドライブスルーばかりが強調され実施場所についての議論は、あまりされていないと思います。アメリカのドライブスルーでは長蛇の列ができております。開業医は、まずPCRが保険収載されましたが契約の上での実施であるので、できないしやりたくないと思います。指定病院での実施もスタッフ数の問題、動線をわけるなど、場所の問題もあり諸外国の様にはいかないと思います。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ