浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2020年3月31日

悲痛の叫び

国民的なコメディアンである志村けんさんが、新型コロナウイルスにより非業の死をとげました。
有名な国立国際医療研究センターで集中治療をしても、残念ながら助けることは、できなかった。
浦安にも撮影に来られていた国民的なコメディアンの志村けんさんの身を挺した「新型コロナウイルスに感染してはならない」という
メッセージを真摯に受け止めないといけません。
新型コロナウイルスに感染しても、若者は軽症のことが多いなどという論文を読んでありきたりの結論を出している感染症対策委員の脳天気な発言は無視して、自ら命を守りましょう。若者でも命を落とす人は落とします。
新型コロナウイルスに感染したら、その時点で可能性がたとえ低くても無駄に命のやり取りをしないとならなくなります。
たとえ0.1%でも命を落とす可能性があるため、決して感染してはなりません。
中国からの入国拒否の遅れ、ダイアモンドプリンセス号の失態、せっかく休校にしたのに変な条件を出して学校を再開しようとしている、感染症対策委員の新型コロナウイルスが大丈夫になったと誤解を招きうる発言後におきた自粛解除・お気楽ムードの3/20からの3連休、感染者が増え続けている東京に非常事態宣言をまだ出さない政府は愚鈍です。
やっとアメリカからの入国を制限しましたが、今は、中国人でなく世界各国からの帰国者が新型コロナウイルスというおみやげを持ってきました。東京が、ニューヨークのようになるのは時間の問題でしょう。
テレビでも新型コロナウイルス専門チャンネルはいまだになく、情報が断片的です。
クリニックレベルでは、新型コロナウイルスに関する情報は、さほど役に立たないものがファックスなどで送られてくる程度で、感染症専門病院の感染症専門医でないと、実際の病態はわからない状況です。
だから、情報源はもっぱらインターネットです。
NHKをぶっこわすというブームがありましたが、確かにテレビでは用が足せないのは事実ですから壊しても良いのかもと思わなくはないです。政府失策のひとつである「ゆとり教育」のおかげで、医学部をでてから救命救急に進もうとする医師の数は、いかほどいるのでしょうか?日本の救急医療が優れているというのは幻想です。ECMOの数も少ないし、専門的な対応ができる救命救急医の数は極端に少ないです。
増大する新型コロナウイルス感染者に、今の状況で対応できるという淡い幻想に政府がとらわれていないようにと切望するばかりです。
新型コロナウイルスの感染者が爆発的に増えたら、日本は他国よりももろく、すぐさま崩壊します。
もうすでに、首都圏の感染症指定病院は手一杯です。
今、学校は再開しないで欲しい、東京は非常事態宣言を1日でも早く発令してほしい。発令後、守らなくても罰則はないのだから。

命さえあれば、金などなんとかなります。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ