浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2020年4月27日

世界最強の政党「中国共産党」の野望、漁夫の利を得る?その4

これから新型コロナウイルスとの戦いは長期戦突入のシナリオとなります。どのくらいかというと、来年の夏まで。
夏の一時収束を見て、海外、たとえば中国、アメリカ、ヨーロッパ、そして南半球からの海外渡航者の受け入れを始めたら悲劇です。かりに夏までに抑えこめていないと、冬にはインフルエンザ+新型コロナウイルスの混合感染、もしかしたら新型コロナウイルスが突然変異を起こして、より難しくなる可能性もあります。こうなると、感染者数が増え、医療崩壊。一定割合の人が亡くなるので、当然、死亡者数も比例して増える。
新型コロナウイルスは、悪くなり出したら、その速度がとてつもなく速いといわれております。
大切な人が、入院したと思ったら亡くなる。大切な人が亡くなるのは、当たり前ですがつらいですよ。
歴史的にみて、第2波は、とてつもなく被害が大きいことがわかっております。
だから、いま、スパッと抑えこもうよ。そしてウイルスのあとに見えない占領のあり方でくる中華人民共和国に備えよう。このままでは、「こんにちは」という挨拶でなく、「Hello」でもなく、「你好」と言いましょうと学校で言われる日が来るかもしれません。良い話といえばイギリスで、新型コロナウイルスワクチンの接種が始まり、うまくいけば秋頃から全体的な接種ができそうだということくらい。アメリカでも同様な話が進行中です。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ