浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2020年5月22日

新型コロナウイルスに感染した関節リウマチの韓国人女性(61歳)

韓国から、新型コロナウイルスに感染した61歳の関節リウマチの女性の経過について報告がありました。紹介いたしますと、レフルノミド20mg、ハイドロキシクロロキン200mg、 メチルプレドニゾロン2mgによる関節リウマチの治療を受けておりました。娘さんが、まず新型コロナウイルスに感染し、そこから感染したという経緯です。関節リウマチの治療は、ハイドロキシクロロキンを残し、あとは中止です。なお、レフルノミドは、今となっては日本ではあまり使用されていないため馴染みがうすいかもしれませんが、日本で処方できる薬です。この方は、経過で悪化して肺炎を引き起こし、ロピナビル・リトナビル(カレトラ)を使用したそうです。結果を申し上げると、治療のおかげか、とてもよく改善し退院できたということです。関節リウマチは、もともと免疫系の不調があり免疫抑制剤も使用している点から、「感染に弱いのではないか?」と言われておりますが、このように新型コロナウイルスに感染しても重篤な状態にならずに退院できたという報告を見ると、勇気がわくと思いませんか?

Jehun Song et al. Rheumatol Int. 2020 Jun;40(6):991-995.

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ