浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2021年7月3日

リウマチ膠原病の治療中の方が新型コロナウイルスワクチンを接種するときの注意点

現在、新型コロナウイルスワクチンについて、自分は基礎疾患に該当するのかしないのかで、頭を悩まされている方が多いと思います。
なかでもリウマチ膠原病については、基礎疾患にあたると考えていただいて問題ありませんので、この場を借りて申し上げます。
リウマチ膠原病のため服用、注射している薬剤があるから新型コロナウイルスワクチンを接種することができないということはありません。
もちろん、新型コロナワクチンを接種したときに副反応が特別に起こりやすいという報告もありません。
メトトレキセートなど、リウマチ治療薬は免疫抑制を起こすため新型コロナウイルスワクチンの効果を弱めてウイルスに対する抵抗力(抗体)が十分作られない可能性があるため、リウマチ治療薬をワクチン接種前後で、どのように調整するかは色々と意見があります。
生物学的製剤(レミケード、エンブレル、アクテムラなど)の注射をしている場合、いつワクチンを打てばよいのかということについても意見が分かれています。日本では、ワクチンの副反応なのかどうかわからなくなるため、同日でない日にワクチン接種すべきというのが一般的な意見です。
しかし、日本リウマチ学会からは、今のところ特別な見解は出ておりませんので新型コロナウイルスワクチンを接種するときの注意点として、一つの拠り所として、6月に公開されたアメリカからの指導要綱を紹介します。
簡潔に、
ミコフェノレイト(セルセプト):ワクチン接種後1週間は服用しない。
メトトレキサート:ワクチン接種後1週間は服用しない。
JAK阻害剤(セルヤンツ、オルミエント、スマイラフ、リンヴォック、ジセレカ):ワクチン接種後1週間は服用しない。
アバタセプト皮下注射(オレンシア皮下注):1回目のワクチン前後各1週間は注射せず、2回目はワクチンに関係なく注射してよい。
アバタセプト点滴静注(オレンシア点滴静注):1回目のワクチン接種をアバタセプトの点滴から4週間後に行うようにし、ワクチン接種の1週後にアバタセプトの点滴とする。2回目の接種の際は、調節なし。これは、少し、ややこしいので図を参照してください。
鎮痛解熱薬(アセトアミノフェン、イブプロフェン、ロキソプロフェン、ジクロフェナクなど):ワクチン接種の24時間前からは服用せず、症状がでたときに使用する。
他の薬剤については、調整なしでワクチン接種可能。
これらは、参考ですので個々に対応して決めていくのが実際的でしょう。

2021年5月14日

新型コロナウイルスワクチンを接種してもらいました。

本日、新型コロナウイルスワクチン接種の第1回目を接種してもらいました。やっと医療従事者の端くれとして認識されたのだと思いました。
すでに接種された方より、注射は痛くないよと伺っておりましたが、私の場合は痛かったです。
なんとか月曜日までに痛みが取れればよいのですが・・・。
これから、ワクチンの供給体制が整い希望者にはワクチン接種が行われていきます。
特効薬のない今は、新型コロナウイルスの封じ込めはワクチンに託されております。
あわてず、しっかりと体制を整え、新型コロナウイルスを封じましょう。

2021年5月3日

自宅で血圧を測定すると高かったり、低かったりする方へ。

血圧測定の際、マンシェットをゆるく巻くと血圧の値が高くなり、きつく巻くと血圧の値は低くなります。
ゆるく巻くと、隙間の分だけマンシェットをより多く膨らませるため加圧しすぎて血圧が高く出て、きつく巻くと十分な加圧をする前に血行が止まるため血圧が低くでることになります。マンシェットに均一に圧がかからないために起こることです。診察時のときよりも家庭血圧が、高いもしくは低いという方は、マンシェットを巻く際に、巻いた腕との間に指2本が入るくらいとすると良いです。

2021年5月2日

コルヒチンが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化を防ぐ可能性があるという報道

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、いまだ収束の兆しがありません。おそらく、緊急事態宣言の期間は、延長されるでしょう。延長されないと逆に驚きです。
痛風治療薬のコルヒチンが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化を予防する可能性があるそうです。コルヒチンは、痛風の場合、炎症を抑える意味で処方しますが、結構飲み忘れたりと服薬遵守の難しいことが多いです。コルヒチンの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対しての効果は、まだ確立されておりませんが、朗報には違いありません。このコルヒチンの報道が出て、日本痛風・尿酸核酸学会からお知らせが出ました。抜粋しますと、世界6か国4千名以上に対して行われた臨床試験についてカナダから報告されていますが、重症化しやすい方の特徴は、70歳以上、高度の肥満、糖尿病、収縮期⾎圧150mmHg以上の⾼⾎圧、呼吸器疾患や⼼不全、狭心症などの冠動脈疾患の合併、48時間以上続く高熱、呼吸困難症状があるということでした。そこで、コルヒチンを1日0.5から1.0mgを服用していた方を調べると、入院に至った割合が25%低下し、人工呼吸器を必要とする割合が50%低下、死亡に至る割合は44%低下したというものです。この効果の理由は、さきほど申し上げましたがコルヒチンがもつ炎症反応を抑える作用のためと考えられております。

2021年4月25日

新型コロナウイルスワクチン接種後の抗体検査をはじめました。

医療従事者を対象に、3週間隔で2回接種する新型コロナウイルスワクチン接種がなされておりますが、大学病院の勤務者しか接種ができていない現状です。
日頃、お世話になっている新型コロナウイルス治療の最前線に立つ東京ベイ浦安市川医療センターでさえ、ワクチンが手に入らず接種ができないという報道を目にし驚愕しております。
この最中、浦安市では、65歳以上の方を対象に新型コロナウイルスワクチン接種の申し込みが先日開始されましたが、すぐさま予約ができなくなる状況でした。
最前線の医療従事者にも接種ができていない状況ですので、当たり前ですが、今回はワクチンの本数が少なすぎでした。
今後、多くの希望される方に新型コロナウイルスワクチンが接種できることを祈ります。
新型コロナウイルスワクチンの接種後に、しっかりと抵抗力(抗体)がついたかどうか知りたくなると思います。
ファイザー製薬にも確認したところ、ワクチン接種後7日目から抗体の価が、上がってくるそうです。
当院では、今後の対応として新型コロナウイルスワクチン接種後7日を経てからの抗体検査を受諾することにいたしました。自費として4000円です。
ご希望の方は、ご相談ください。

2021年4月24日

関節リウマチを安定させ元気な赤ちゃんを産み、そして育てて下さい。全力で応援します。

以前、妊娠中は約8割くらいの関節リウマチの方の病状が良くなると言われておりました。しかし、試験デザインに問題があったため、最近は約6割程度の方だけ病状が良くなると言われております。そして、出産をすると約半数弱の方は、病状が悪化すると言われております。関節リウマチの勢いが抑えられないと、早産になったり、運が悪いと流産をしたりと関節リウマチは嫌なやつです。
ただし、妊娠中も注意して治療を続け病気の勢いを安定させると、このようなことは避けることができるとわかってきました。
病状が安定している方は、治療薬を中止して妊娠に臨むことができることもわかってきました。
参考に、表を作ってみましたので、これらの治療薬を適切に使用して健康な赤ちゃんを産み、そして育ててください。
子供は、輝く未来です。妊娠を諦めることなく元気な赤ちゃんを産んだ方々が、今も当院には多数通院されております。
全力で応援します。

参照 Seminars in Arthritis and Rheumatism, 01 Dec 2019, 49(3S):S32-S35
   Ann Rheum Dis. 2016 May;75(5):795-810

2021年4月23日

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言

4月23日、緊急事態宣言が発出されました。対象となる区域は、東京都、京都府、大阪府、兵庫県です。
まん延防止等重点措置の区域の追加及び期間の変更も決定されました。
感染対策の基本は、感染源に近づかない、近づかせないことですが、この簡単なことができません。
有事に弱い国である日本は、海外のような強制的な措置ができないからです。
それでも、優れた人々による努力で、今の状態を保つことができております。
一方で、無茶をする方もいて、それを知っている政府は、緊急事態宣言で工夫を施しました。
それは、人の流れを止めるためショッピングセンターや遊戯施設等に休業要請をしたことです。
強制的な措置ができないならば、強制できるところに休業要請をし、無茶な方が行きたいと思うところを閉めてしまえば、行きたくても行けないでしょうということです。
窮屈な毎日ですが、皆が感染対策の原則をしっかりと守ることができれば、雨霰のように新型コロナウイルスは降ってきませんので抑えこめるはずですが、なかなか思い通りにはいかないものです。
それこそ、人だからです。
新型コロナウイルスの変異が進むのは、進化の過程で至極当然です。
もし、変異により新型コロナウイルスが強毒化へと進化するならば、むしろ克服の絶好の機会です。
最初は、死亡率が増えるかもしれませんが、今までのように対策をすれば避けることは容易ですし強毒化したら知らずに感染させることは少なくなるはずです。
なぜなら感染者は、つらすぎて公共の場に行くことはできなくなるため、今までのように知らずに感染させることはできなくなります。
新型コロナウイルスワクチンが、一つの鍵となっておりますが、まだまだ数が足りません。集団免疫が得られる日まで、しばらく自己研鑽の良い機会と発想の転換をしようではありませんか?
その理由は、コロナ収束後には世界が変わります。その速度に、ついて行けるよう自分を磨いておかないと時代に遅れをとり立ち行かなくなります。AIは、間違いなく指数関数的に進化しております。

2021年4月18日

新型コロナウイルスワクチン(ファイザー製)のまとめ

当面は、ファイザー製だけ。
生ワクチンでないため、原則的に新型コロナウイルス感染を起こす可能性はない。
接種法は、3週間隔の計2回の筋肉注射。三角筋という筋肉に接種。左右のどちらでも良いが利き腕を避ける方が無難。
事情により2回目のワクチンを3週目に受けられない場合は、1回めの接種から19日後以降ならば接種可能。
他のワクチンとの同時接種はできず、他のワクチンと2週間あけて接種するならば良し。
血小板減少症、抗血小板薬や抗凝固薬内服の方は、接種後の出血が心配のため接種要注意者とされている。接種後しっかりと止血すれば接種可能。服用したままで接種可能。
免疫不全、免疫抑制薬治療中、抗がん剤治療中の方へも接種は可能。ただし、免疫反応が抑えられているためワクチンの効果が通常よりも弱まる可能性あり。
自己免疫疾患の方に接種し、その疾患が悪化したということは確認されていない。
接種を受けた場合、全身性にアレルギー症状が出て生命に危険が及ぶアナフィラキシーという症状が、100万回で4.7回。比較として、抗菌薬ペニシリンを服用した場合、1万人に1人の割合でアナフィラキシーがおこり、人が1年間で交通事故にあう確率は1000人のうち9人。ワクチン接種会場にたどり着くまでの方が危険?
ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンには、ポリエチレングリコール(PEG)が含まれており、これがアナフィラキシーの原因とされている。PEGは、日常生活品や化粧品など多くに使われているので、寛容が働き意外と重篤な症状は出ないのではと推察されている。1回目よりは2回目に副反応が強く出る可能性あり。
興味があれば身の回りのもので成分表にPEGと書かれているものがないか探してみてはいかがでしょうか?
接種不適当者は、新型コロナウイルスワクチンの成分に対し重度の過敏症の既往がある方です。
もし他のものに対してアナフィラキシー歴があっても、接種不適当にはならないが本人と良く相談して接種するかしないか検討されるべき。
妊婦は、新型コロナウイルスに罹患すると重症化する危険が高く医療従事者の妊婦や肥満や糖尿病などの基礎疾患を有する妊婦などは接種検討。ただし、妊娠12週まではワクチン接種は避ける。
授乳婦へは、乳汁への移行がないため他と同様の扱い。一応、妊婦や授乳婦は、産婦人科医とも相談してみてはいかが。

2021年4月10日

自己免疫疾患に対する新型コロナウイルスワクチン接種について

関節リウマチなどで治療中の方に、新型コロナウイルスワクチン接種をした場合、効果が落ちるのではないかと推察されております。
これに対して、日本リウマチ学会は、現在治療中のものは継続して接種に臨むようにということになっているはずです。
最近、読んだ韓国の論文ですが、韓国のガイドラインは、ワクチンの効果を落とさないためにもメトトレキサートならば接種後1〜2週はメトトレキサートを服用しないとしております。
もちろん、計画的な治療になる生物学的製剤ならば治療の調整をすれば済むので、話は簡単です。
関節リウマチの病態が安定しておれば、メトトレキサートを1週休薬しても特に悪化はしないはずなので韓国ガイドラインに沿った対応をしてみようと考えております。

参照 J Korean Med Sci. 2021 Mar 29;36(12):e95

2021年2月4日

新型コロナウイルスワクチンについて日本リウマチ学会からのお知らせがでました。

日本リウマチ学会から、待望の新型コロナウイルスワクチンについてのお知らせが出ました。
日本リウマチ学会の基本的な考えとしては、「接種する」ということのようです。
新型インフルエンザワクチンと同様に、ステロイドをプレドニゾロン換算で5mg/日以上または免疫抑制剤、生物学的製剤、JAK阻害剤のいずれかを使用中の方は、他よりも優先して接種した方が良いとしています。また、重症化する危険度も個々で違い、感染する危険度も感染の流行状況によって変動するため、担当医と相談したうえで接種の可否を判断してくださいということです。
詳細は、https://www.ryumachi-jp.com/information/medical/covid-19_2/を、ご覧ください。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ