浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2020年9月6日

マウスシールドは、マスクの代わりにはなりません。

本日の要点は、「マウスシールドは無駄、不織布マスクでないと効果がない」ということです。

最近、安倍首相のバタバタとした交代劇がありましたが個人的には麻生太郎氏(79歳)に注目してしまいました。

なぜかと言えば、周りの人が皆、不織布マスクをしているにもかかわらず、新型コロナウイルスに感染したら死亡率が高い79歳の麻生氏ただ一人がマウスシールドをしていたからです。

麻生氏の周りは、もしかしたら新型コロナウイルス感染者がいないのかもしれないのですが、報道されている姿をみて自分もマウスシールドで良いと思う方がいないとも限りません。

神戸市では、マウスシールドを着けていても周りの人が濃厚接触者に認定されたことがあり、
神戸市健康局は、新型コロナウイルスの感染予防策に、フェースシールドだけ、もしくはマウスシールドだけでは不十分と、マスク着用の徹底を呼び掛けております。
79歳の麻生氏は、公の立場にある人だから神戸市の状況も考慮する必要があったと残念に思いますし、感染しないことを切に願います。

また、学校医をしている立場から申し上げると、教壇に立つ先生の表情がマスクをしていると見えないからという理由で、教育委員会が、マウスシールドを励行している動きがあります。

もちろん、「マウスシールドは、許可できません」と私の担当する中学校には伝えております。

当院では、新型コロナウイルス感染以前から診療にあたるスタッフには不織布マスクの着用を義務付けておりましたため、このたびのコロナ禍では、マスクが手に入らないという問題はありました
が着用することに対しての問題はありません。

2020年8月16日

新型コロナウイルス感染症のまとめ・・・その5

いろいろと、新型コロナウイルス感染症について、どうすれば感染しないのかも、わかってきております。
まとめると、「3密を避け」、「マスクをし」、「有効な換気をする」と単純なことです。
もちろん100%ではありませんが、こう考えると新型コロナウイルスにかかるのは、とても馬鹿げていると思いませんか?
通勤電車は、たしかに心配ですが、時速70kmで走る電車内で窓を10cm開けるだけで車内の空気は6分で入れ替わるそうです。
飛行機も、エアコンで3分すれば機内の空気が入れ替わるはずですが、機内での発生が報道されておりました。
とかく日本はカタカタ言葉が好きですが、マイクロ飛沫は、換気機能のないエアコンでは曲者で、これで数々の集団感染を引き起こしております。厚生労働省対策班の報告では、バー、職場、コンサートや合唱など音楽関連イベント、スポーツジム、いずれも3密の環境で感染が広がったとされております。新型コロナウイルス感染は、このように要不要のあり方を明確にしたと思います。
不思議なことは、時代の仕掛け人たる方々が、そのままの表現を借りると「ライバーはやばい」と言っていました。今、まさに旬なわけですが、どうなのでしょうか?インターネットでのライブをすると金銭的にも儲かると言っているわけですから、あえて生演奏のライブハウスは、時代的に必要なのでしょうか?ライブハウスのオーナーがニュースでいつも惨状を訴えておられましたので、インターネットで配信するのではダメなのかと思ってしまい音楽に疎い自分としてはわかりかねます。若年層は、危機感に乏しいため決して、鶴の恩返しのように「だめ」と言われると、したくなるみたいな愚かな行動だけはしないでほしいです。
「3密を避け」、「マスクをし」、「有効な換気をする」、たったこれだけ。しつこいですが、今日のまとめ。
賢明な方であれば、行って良い場所、そうでない場所が、わかるはずです。自分の行動は、絶対に今、必要ですか。そう自問して行動すれば、新型コロナウイルス感染症は、怖くありません。
最後に、マスクが苦しいと言う方へのアドバイスですが、腹式呼吸をすると良いですよ。また、3密でなければ、マスクは、熱中症予防のため外して問題ないとされております。

2020年8月16日

新型コロナウイルス感染症のまとめ・・・その4

政府が緊急事態宣言を再発令する可能性は現時点は、ありません。これから、どんどんと人の移動も増える一方です。感染者数も、無防備な若年層に増え、家庭に持ち込み二次感染。そして、ある一定割合で高齢の方から重症者がでて、不幸にも亡くなる方もでるという馬鹿げた構図が繰り広げられていくはずです。ワクチンにも期待がかけられていますが、国内のものはまだまだ先で、安全性にも問題がある。中国やロシアのものも、効果に不安、安全性にも不安と、共産圏ならではのもの。期待の、アメリカやイギリスはというと、まだ未知数。つまり、新型コロナウイルス感染症との戦いは、まだまだ続くということです。

2020年8月16日

新型コロナウイルス感染症のまとめ・・・その3

8/16の時点で、空港検疫によるPCR検査を受けたのが142,601人で、そのうち697人が陽性でした。だいたい0.5%の陽性率です。
陽性者数もPCR検査数が増えているため増加していますが、PCR検査数を以前から気にしています。それだけ海外から日本への流入を許す母集団を増やしている現状が見て取れるからです。
最近、韓国やフィリピンからの帰国者の陽性が報告されております。
たった1日で、海外から697人の陽性者が入ってきているので、PCR検査は以前から言うように絶対的なものではない検査だから、この何倍にもあたる陽性者が空港検疫をすり抜けるわけで、
これが今の感染拡大に寄与していると個人的には考えているわけです。そう考えると、そのような人が立ち寄りそうな場所に行きたがる若年層に感染が広がり、それを家庭内に持ち込み、二次感染と言わんばかりの有り様になっているのではと勝手に考えております。

2020年8月16日

新型コロナウイルス感染症のまとめ・・・その2

現在、新型コロナウイルスは、沖縄県、愛知県、大阪府など良くない地域はありますが、全国的にみると、対人口10万人あたり新規感染者数は7人くらいで、重傷者率は1%。
このまま発生し続けると、一定の割合で重症者がでて病床が足りなくなるのも、自明の理です。
世界でみると、貧困層が多い国は壊滅的な数字です。例えば、アメリカの感染者数は5,361,165人(死亡者数169,481)、ブラジルの感染者数3,317,096人(死亡者数107,232人)、
インドの感染者数2,589,952人(死亡者数49,980人)、比べて日本の感染者数54,714人(死亡者数1,088人)という具合です。
中国はというと、感染者数84,827人(死亡者数4,634人)と、いつもながら数字は鵜呑みにはできないけれども、非人道的なことも強硬に実行できる共産主義の強みを生かし発生源にもかかわらず抑え込んでいるのは間違いないと思います。周囲は、あたふたしている国ばかりのため、中国に太刀打ちできる国は残念ながらなし。アメリカが、頑張っているが、それも鼻であしらっている。
1945年8月15日、中国とも戦えていた日本は、歴史的な大きな失敗のうえ敗戦を迎えた。今は、どうか。中国は、歯牙にも掛けない。格下扱いです。もともと中華民国なる名前は、その思想から上から目線の名前ですが・・・。中国の強大さは、知的財産にも及んでおります。新型コロナウイルスにより中国は、やっと、その中華思想なるものを具現化し世界地図を変えるというのも、あながち誇張表現ではなくなってくると思います。これでは、戦争で亡くなっていった先祖が浮かばれない。戦後から言われていたのですが、今、日本に必要なものは知的財産です。新型コロナウイルスに感染しても若年層は症状が出ない、もしくは軽いから平気と勘違いしている方がいたら、改めて欲しいものです。

2020年8月16日

新型コロナウイルス感染症のまとめ・・・その1

新型コロナウイルス感染と騒がれてから8ヶ月が過ぎようとしております。最近、髪の毛が伸びたという指摘を受けることが多くなりましたが、それもそのはず。8ヶ月の間、自身の生活を厳としており、髪の毛すら切りに行っていない。8ヶ月か・・・。やや、慎重に過ぎるとは思いますが、これは医師として当然。
最近は、新型コロナウイルス感染者なのか、単なる新型コロナウイルスPCR検査陽性者というべきか、その数が爆発的に増えております。
しかし、このブログを読んでくださっている賢明な方は、感染していないですよね。
だから今のご自身の生活が正解なわけです。

2020年8月16日

感染症対策実施医療機関

当院は、感染症対策実施医療機関に登録されております。新型コロナウイルス感染が問題になる以前から、当院は感染症に対しては、慎重な対応をしています。

2020年8月16日

B型肝炎ウイルスの再活性化

免疫抑制薬を、常日頃、使用している当院ではB型肝炎ウイルスの再活性化への注意を怠ることはありません。
このB型肝炎ウイルスによる再活性化とは、免疫が抑制されると、血液中や肝臓に残っているB型肝炎ウイルスが増殖し重症の肝炎を発症し、場合により死に至るという恐ろしいものです。
まず、再活性化をさせないことが大切ですので、免疫を抑制する治療を行う前に必ずB型肝炎ウイルスに罹っていないかどうかを調べることが肝心です。

2020年8月15日

例年に比べ、夏風邪が減っているようです。

国立感染症研究所によれば、夏に流行する手足口病、ヘルパンギーナ、そして流行性角結膜炎などのウイルスによる感染症が、例年と比べ今年は少ないという。つまり、これらは小児科がおもに診る疾患ですので、小児科の受診を控えていることもあり実数がわからないこともあるとは思いますが、通常「3密」の環境で育つ子どもたちの環境が、新型コロナウイルス感染症の対策をしっかりと取っている家庭が多くなり、新型コロナウイルスのみならず別のウイルス感染症を予防するという良い効果を引き起こしていると考えられます。冬場にインフルエンザが流行ると、新型コロナウイルスと併せて危険だと言われていますが、このように賢明な方が多いのであれば、意外と今年のインフルエンザの流行は、少ないのかも知れないと淡い期待を持てるかもしれない。

2020年8月14日

便秘

便秘について、しっかりと習った記憶がない。学ぶべき多くのことがある大学病院での忙しい日常診療の中で、便秘が着目されることは残念ながら少なかった。
実際は、便秘で困っている方がいないはずもなく内科医であれば、自ら処方した治療薬の副作用で便秘にしてしまうこともある。
こうした中で、便秘については自分で学ばざるを得ずセンナばかり服用していると大腸が真っ黒となる「大腸メラノーシス」という病態があることを知った。
早いとセンナ服用4ヶ月で、大腸は真っ黒です。約20年前の話で、懐かしいものである。
便秘について他の大学は、どう考えているのかと調べてみると、「残念ながらわが国では便秘診療に関する教育はほとんど行われてきていないのが実情である。現在でも成書では便秘は疾患ではなく症候として記載されている場合が多く、その病態生理や診断、治療の解説は少ない。」(1)とあって、ほっとし、なるほどなとも思った。

「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」を「便秘」と言います。つまり、病名でなく状態を表しております。
「便秘症」とは,便秘による症状が現れ,検査や治療を必要とする状態を言います。
症状として、
①排便回数減少による腹痛や腹部膨満感
②硬便によるもの排便困難や過度のいきみ
③便排出障害による排便困難、過度の怒責、そして残便感とそのための頻回便 
があります。
2017年10月に、「慢性便秘症診療ガイドライン2017」が発行されガイドラインに基づいて診療を行うことが可能となりました。
大腸管腔内に流入する胆汁酸の量を増加させることで、大腸管腔内に水分および電解質を分泌させ消化管運動を亢進させる排便させるという新しい便秘症治療薬も発売され、また、アメリカなどでは主流であるポリエチレングリコールやラクツロースも便秘で使用できるようになり、これから便秘症は、より良く治療することが可能となりました。

(1)日本大腸肛門病会誌 72:583-599,2019

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ