浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2021年7月3日

リウマチ膠原病の治療中の方が新型コロナウイルスワクチンを接種するときの注意点

現在、新型コロナウイルスワクチンについて、自分は基礎疾患に該当するのかしないのかで、頭を悩まされている方が多いと思います。
なかでもリウマチ膠原病については、基礎疾患にあたると考えていただいて問題ありませんので、この場を借りて申し上げます。
リウマチ膠原病のため服用、注射している薬剤があるから新型コロナウイルスワクチンを接種することができないということはありません。
もちろん、新型コロナワクチンを接種したときに副反応が特別に起こりやすいという報告もありません。
メトトレキセートなど、リウマチ治療薬は免疫抑制を起こすため新型コロナウイルスワクチンの効果を弱めてウイルスに対する抵抗力(抗体)が十分作られない可能性があるため、リウマチ治療薬をワクチン接種前後で、どのように調整するかは色々と意見があります。
生物学的製剤(レミケード、エンブレル、アクテムラなど)の注射をしている場合、いつワクチンを打てばよいのかということについても意見が分かれています。日本では、ワクチンの副反応なのかどうかわからなくなるため、同日でない日にワクチン接種すべきというのが一般的な意見です。
しかし、日本リウマチ学会からは、今のところ特別な見解は出ておりませんので新型コロナウイルスワクチンを接種するときの注意点として、一つの拠り所として、6月に公開されたアメリカからの指導要綱を紹介します。
簡潔に、
ミコフェノレイト(セルセプト):ワクチン接種後1週間は服用しない。
メトトレキサート:ワクチン接種後1週間は服用しない。
JAK阻害剤(セルヤンツ、オルミエント、スマイラフ、リンヴォック、ジセレカ):ワクチン接種後1週間は服用しない。
アバタセプト皮下注射(オレンシア皮下注):1回目のワクチン前後各1週間は注射せず、2回目はワクチンに関係なく注射してよい。
アバタセプト点滴静注(オレンシア点滴静注):1回目のワクチン接種をアバタセプトの点滴から4週間後に行うようにし、ワクチン接種の1週後にアバタセプトの点滴とする。2回目の接種の際は、調節なし。これは、少し、ややこしいので図を参照してください。
鎮痛解熱薬(アセトアミノフェン、イブプロフェン、ロキソプロフェン、ジクロフェナクなど):ワクチン接種の24時間前からは服用せず、症状がでたときに使用する。
他の薬剤については、調整なしでワクチン接種可能。
これらは、参考ですので個々に対応して決めていくのが実際的でしょう。

2021年4月24日

関節リウマチを安定させ元気な赤ちゃんを産み、そして育てて下さい。全力で応援します。

以前、妊娠中は約8割くらいの関節リウマチの方の病状が良くなると言われておりました。しかし、試験デザインに問題があったため、最近は約6割程度の方だけ病状が良くなると言われております。そして、出産をすると約半数弱の方は、病状が悪化すると言われております。関節リウマチの勢いが抑えられないと、早産になったり、運が悪いと流産をしたりと関節リウマチは嫌なやつです。
ただし、妊娠中も注意して治療を続け病気の勢いを安定させると、このようなことは避けることができるとわかってきました。
病状が安定している方は、治療薬を中止して妊娠に臨むことができることもわかってきました。
参考に、表を作ってみましたので、これらの治療薬を適切に使用して健康な赤ちゃんを産み、そして育ててください。
子供は、輝く未来です。妊娠を諦めることなく元気な赤ちゃんを産んだ方々が、今も当院には多数通院されております。
全力で応援します。

参照 Seminars in Arthritis and Rheumatism, 01 Dec 2019, 49(3S):S32-S35
   Ann Rheum Dis. 2016 May;75(5):795-810

2021年4月10日

自己免疫疾患に対する新型コロナウイルスワクチン接種について

関節リウマチなどで治療中の方に、新型コロナウイルスワクチン接種をした場合、効果が落ちるのではないかと推察されております。
これに対して、日本リウマチ学会は、現在治療中のものは継続して接種に臨むようにということになっているはずです。
最近、読んだ韓国の論文ですが、韓国のガイドラインは、ワクチンの効果を落とさないためにもメトトレキサートならば接種後1〜2週はメトトレキサートを服用しないとしております。
もちろん、計画的な治療になる生物学的製剤ならば治療の調整をすれば済むので、話は簡単です。
関節リウマチの病態が安定しておれば、メトトレキサートを1週休薬しても特に悪化はしないはずなので韓国ガイドラインに沿った対応をしてみようと考えております。

参照 J Korean Med Sci. 2021 Mar 29;36(12):e95

2021年3月25日

組換えサブユニット帯状疱疹ワクチン(シングリックス®)のリウマチ性疾患への使用について

日本リウマチ学会によると、リウマチ性疾患における安全性のエビデンスは十分でないため、当該患者のリスクベネフィットに鑑みて使用を考慮してくださいとなっております。

2021年3月14日

経皮鎮痛消炎剤モーラスパップXR

関節リウマチの経皮鎮痛消炎剤としては、お馴染みのモーラスパップ(久光製薬)ですが、かぶれ(接触皮膚炎)が問題となることがありました。
最近ですが、刺激性の少ないモーラスパップXR120mg、XR240mgというものが処方できるようになりました。
モーラスパップXRの大きさは、120mgが10cm×14cm、240mgが14cm×20cmです。

2021年2月4日

新型コロナウイルスワクチンについて日本リウマチ学会からのお知らせがでました。

日本リウマチ学会から、待望の新型コロナウイルスワクチンについてのお知らせが出ました。
日本リウマチ学会の基本的な考えとしては、「接種する」ということのようです。
新型インフルエンザワクチンと同様に、ステロイドをプレドニゾロン換算で5mg/日以上または免疫抑制剤、生物学的製剤、JAK阻害剤のいずれかを使用中の方は、他よりも優先して接種した方が良いとしています。また、重症化する危険度も個々で違い、感染する危険度も感染の流行状況によって変動するため、担当医と相談したうえで接種の可否を判断してくださいということです。
詳細は、https://www.ryumachi-jp.com/information/medical/covid-19_2/を、ご覧ください。

2021年1月30日

関節リウマチなどの膠原病の方への新型コロナウイルスワクチンについて

今まで、関節リウマチなどの治療を受けている方への説明として新型インフルエンザが流行したときのように新型コロナウイルスワクチンは、重症化の危険があるので優先的に接種されるでしょうと申し上げておりました。
現在、海外ではファイザーとアストラゼネカという2つの大手製薬会社のものが接種されております。中国製やロシア製という怪しげなものもあるにはありますが・・・。
ファイザー(アメリカ)のものは、当のアメリカでも滞っているため、おそらく日本には言われているほど十分な量が入ってこないのではないかと勝手に心配しております。
日本国内で9000万本(?)生産するというアストラゼネカ(イギリス)のものが、確実だと考え、早速、アストラゼネカの方と話をしました。
ワクチン接種により、新型コロナウイルスが、気管支や肺胞などの細胞へ、そして全身の細胞に侵入するときに重要な役割をはたすSタンパクというものを作らせ、あらかじめ攻撃できるようにするという原理です。T細胞という免疫を担う細胞が鍵となり、反応が引き起こされるわけですから、それが関節リウマチなどの病態をより悪化させてしまうのではないか、そして免疫を抑える治療を受けている方に接種するわけですから、思うほどの効果が上がらないのではないかという心配があったからです。
答えは、やはり、まだわからないということでした。
イギリス本国でも、きっと関節リウマチの方は接種されているのだから、なにかしらの報告がないかとも伺ったのですが、接種するのに精一杯で十分な情報がないということでした。
この話の流れで、今は、接種を控えた方が良いのではと考えておりますが日本リウマチ学会からの声明を待つのが賢明です。

2021年1月10日

新型コロナウイルスに感染したときに関節リウマチの薬は、どうすれば良いのか?

箇条書きにしますと、新型コロナウイルスに感染した場合は、
非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は継続可能、もし重篤な呼吸器症状があれば、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は中止。
アザルフィジンEN、メトトレキサート、レフルノミド、免疫抑制薬、アクテムラ以外の生物学的製剤、JAK阻害薬は一旦中止。
Arthritis & Rheumatology Vol. 72, No. 8, August 2020, pp 1241–1251

2020年8月10日

関節リウマチ治療薬の承認順

日本においての承認順を、まとめておこうと思います。
csDMARDs
 1992年・・・ブシラミン(研究したことがあり愛着のある薬)
 1992年・・・ミゾリビン(ミゾと水(ミズ)をかけて、水みたいな弱い薬と言われていたが服用法を工夫すると良い)
 1999年・・・メトトレキサート(今でも第1選択薬)
 2002年・・・サラゾスルファピリジン(皮疹の頻度が多い)
 2003年・・・レフルノミド(時代に泣かされた薬で、副作用騒動の際に生物学的製剤が承認され、今は限られた方にしか使用されていない)
 2005年・・・タクロリムス(少量のステロイドとの相乗効果)
bDMARDs
 2003年・・・インフリキシマブ(寝たきりの人が点滴の翌日には歩くことができ驚愕の事実を目の当たりにした)
 2005年・・・エタネルセプト(トシリズマブと双璧をなす良い薬)
 2008年・・・アダリムマブ(世界的に、よく処方されている)
 2008年・・・トシリズマブ(日本で開発、新型コロナウイルス感染でも期待されている)
 2010年・・・アバタセプト(間質性肺炎などの肺病変がある方で、長期罹患の方に使用されたという不利な状況にもかかわらず効果を示した)
 2011年・・・ゴリムマブ(効果は優れているものの薬価に泣かされた)
 2013年・・・セルトリズマブ ペゴル(胎盤通過性がなく妊婦に期待)
 2018年・・・サリルマブ(トシリズマブとの競争で、やや不利か、新型コロナウイルス感染でも期待されている)
tsDMARDs
 2013年・・・トファシチニブ(JAK阻害薬、帯状疱疹に注意)
 2017年・・・バリシチニブ(JAK阻害薬、帯状疱疹に注意、新型コロナウイルス感染でも期待されているが血栓の心配あり)
 2019年・・・ペフィシチニブ(JAK阻害薬、帯状疱疹に注意)
 2020年(?)・・・ウパダシチニブ(JAK阻害薬、帯状疱疹に注意)

2020年8月9日

関節リウマチと歩んだ約20年間

自分は、良き時代にリウマチ膠原病内科の門を叩いたと思っております。そう思うのは、2000年を境に関節リウマチの治療が、大きく変わったからです。われわれが、医学部の学生の頃、膠原病の治療はステロイド主体というか、他に良い治療法がありませんでした。結局、どの病気の治療も、ステロイドかと揶揄されていたものです。そして、医学部を卒業し研修医を終え、安倍達教授、竹内勤教授のもとに入局させていただく頃の1999年にメトトレキサートが、関節リウマチの治療薬として承認されました。これは、画期的な薬剤で、今でも関節リウマチ治療においては第1選択薬です。今では、古くなってしまいましたがインフリキシマブという生物学的製剤の多くの臨床研究にもたずさわり、その効果を目の当たりにしたのも、ちょうど、その頃でした。今でも愛着のある良い薬です。それからが関節リウマチの新薬のラッシュで、権威のある教授のもとにいたため治療や研究の題材には事欠かない理想的な環境で医師としての経験を積むことができました。リウマチ学会も、話題が溢れ大変な賑わいでした。このためか、小江戸と呼ばれる川越という歴史的な街が近くにあったのですが、家と病院の往復で、ただ通るだけで観光として訪れたことも無く寂しい生活を送っていました。少し、関節リウマチの薬剤の歴史をまとめようと思ったので、このような思い出話を書いてしまいました。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ