浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2020年2月28日

経済界に広がる新型コロナウイルス(COVID-19)

全国規模で広がりつつある新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が経済界にも広がり、連日のように日経平均株価下落のニュースを耳にします。ブラックスワンというような言葉があるようです。
新型コロナウイルス(COVID-19)が陽性とわかれば、特効薬があるのならば検査をしないのはいかがなものかと言われても仕方ないと思いますが、新型コロナウイルス感染の方で入院を要しない状態の方には、感冒薬くらいしかお渡しできない実態があります。まだ有病率が低い状態なので、ある議員みたいに検査件数が少ないのはおかしい!と憤慨されても、検査自体の信用性が低い状況で陰性が陰性とは言い切れないから、全員にできたとしても結果が信用できないので、陰性手形みたいなものを発行してみても実は陽性でしたということは容易に想像がつきます。
まず、新型コロナウイルス感染を想定して報道されているような症状があれば、2週ほどは動かないことです。
会社も、普段からお世話になっている社員に有給消化をさせる良い機会のため、労働基準監督署からも目をつけられている会社には尚更チャンス到来です。解熱したが下痢が続くので、就業するには新型コロナウイルスではないという診断書の提出が必要と言われて困られた方もおられました。ノロウイルスのような感染力の強い場合もあるので自宅待機が基本です。他の社員にうつしてしまいますので自宅で可能な他の仕事をしてください。なければ日本国として新型コロナウイルス対策をしている今の時期は、有給を取ってください。新型コロナウイルスの方を私は、今のところ当院では一人も拝見していないと思いますので自信を持って新型コロナウイルスではないと言い切ることはできません。会社は、急いで出社させて新型コロナウイルスではないと医療機関が言ったから出社させたと責任をなすりつけるのではなく休ませてあげてください。診断書を社員に求めるのならば、その診断書の料金は会社もちです!

2020年2月27日

全スタッフと業者の健康管理

当院の対応としてスタッフ全員の健康管理シートを作り、毎日チェックをしております。
幸い、発熱などの症状があるスタッフは今のところ出ておりません。
当院に出入りをする業者の方にも、体温測定をお願いし疑わしい方は立ち入りをお断りしております。

2020年2月25日

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解

「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針の具体化に向けた見解」 2020年2月24日
新型コロナウイルス感染症対策専門家会議
この専門家会議は、新型コロナウイルス感染症の対策について、医学的な見地から助言等を行うため、適宜、政府に助言をしてきました。
我々は、現在、感染の完全な防御が極めて難しいウイルスと闘っています。このウイルスの特徴 上、一人一人の感染を完全に防止することは不可能です。
ただし、感染の拡大のスピードを抑制することは可能だと考えられます。そのためには、これから1-2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際となります。仮に感染の拡大が急速に 進むと、患者数の爆発的な増加、医療従事者への感染リスクの増大、医療提供体制の破綻が起こりかねず、社会・経済活動の混乱なども深刻化する恐れがあります。
これからとるべき対策の最大の目標は、感染の拡大のスピードを抑制し、可能な限り重症者の発生と死亡数を減らすことです。
現在までに明らかになってきた情報をもとに、我々がどのように現状を分析し、どのような考えを持っているのかについて、市民に直接お伝えすることが専門家としての責務だと考え、この見解をとりまとめることとしました。なお、この内容はあくまでも現時点の見解であり、随時、変更される可能性があります。
2.日本国内の感染状況の評価
2019年12月初旬には、中国の武漢で第1例目の感染者が公式に報告されていますが、武漢の封鎖は2020年1 月23日でした。したがって、その間、武漢と日本の間では多数の人々の往来があり、そのなかにはこのウイルスに感染していた人がいたと考えられます。
既に、国内の複数の地域から、いつ、どこで、誰から感染したかわからない感染例が報告されてきており、国内の感染が急速に拡大しかねない状況にあります。したがって、中国の一部地域への渡航歴に関わらず、一層の警戒が必要な状況になってきました。
このウイルスの特徴として、現在、感染を拡大させるリスクが高いのは、対面で人と人との距離 が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離)が、会話などで一定時間以上続き、多くの人々との間で交わされる環境だと考えられます。我々が最も懸念していることは、こうした環境での感染を通じ、一人の人から多数の人に感染するような事態が、様々な場所で、続けて起きることです。
3.これまでに判明してきた事実
(1)感染者の状況
新型コロナウイルスに感染した人は、ほとんどが無症状ないし軽症であり、既に回復している人もいます。
国内の症例を分析すると、発熱や呼吸器症状が1週間前後持続することが多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える人が多いです。
しかしながら、一部の症例は、人工呼吸器など集中治療を要する、重篤な肺炎症状を呈しており、 季節性インフルエンザよりも入院期間が長くなる事例が報告されています。現時点までの調査では、 高齢者・基礎疾患を有する者では重症化するリスクが高いと考えられます。
(2)感染経路などについて
これまでに判明している感染経路は、咳やくしゃみなどの飛沫感染と接触感染が主体です。空気 感染は起きていないと考えています。ただし、例外的に、至近距離で、相対することにより、咳やく しゃみなどがなくても、感染する可能性が否定できません。
無症状や軽症の人であっても、他の人に感染を広げる例があるなど、感染力と重症度は必ずしも相関していません。このことが、この感染症への対応を極めて難しくしています。
(3)PCR 検査について
PCR検査は、現状では、新型コロナウイルスを検出できる唯一の検査法であり、必要とされる場合 に適切に実施する必要があります。
国内で感染が進行している現在、感染症を予防する政策の観点からは、全ての人にPCR検査をすることは、このウイルスの対策として有効ではありません。また、既に産官学が懸命に努力していますが、設備や人員の制約のため、全ての人にPCR 検査をすることはできません。急激な感染拡大に備え、限られたPCR検査の資源を、重症化のおそれがある方の検査のために集中させる必要があると考えます。
なお、迅速診断キットの開発も、現在、鋭意、進められています。
(4)医療機関の状況
首都圏を中心とした医療機関の多くの感染症病床は、ダイヤモンド・プリンセス号の状況を受け て、既に利用されている状況にあります。感染を心配した多くの人々が医療機関に殺到すると、医 療提供体制がさらに混乱する恐れがあります。また、医療機関が感染を急速に拡大させる場所にな りかねません。
4.みなさまにお願いしたいこと
この1~2週間の動向が、国内で急速に感染が拡大するかどうかの瀬戸際であると考えています。
そのため、我々市民がそれぞれできることを実践していかねばなりません。
特に、風邪や発熱などの軽い症状が出た場合には、外出をせず、自宅で療養してください。ただ し、以下のような場合には、決して我慢することなく、直ちに都道府県に設置されている「帰国者・ 接触者相談センター」にご相談下さい。
風邪の症状や 37.5°C 以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある
※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合
また、症状のない人も、それぞれが一日の行動パターンを見直し、対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離)が、会話などで一定時間以上続き、多くの人々との間で交わされるような環境に行くことをできる限り、回避して下さい。症状がなくても感染している可能性がありますが、心配だからといって、すぐに医療機関を受診しないで下さい。医療従事者や患者に感染を拡大させないよう、また医療機関に過重な負担とならないよう、ご留意ください。
教育機関、企業など事業者の皆様も、感染の急速な拡大を防ぐために大切な役割を担っています。 それぞれの活動の特徴を踏まえ、集会や行事の開催方法の変更、移動方法の分散、リモートワーク、 オンライン会議などのできうる限りの工夫を講じるなど、協力してください。
以上
今回の声明は、あえてそのままの文をお借りしました。今が封じ込めの最後の大切な時です。
皆で力を合わせましょう。

2020年2月23日

とうとう新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が感染蔓延期へ。

当院では、新型コロナウイルスの話が出た時から感染蔓延に対して過度とも取れる対応をしてきたわけですが当院だけでは微力すぎます。日本環境感染学会によると、新型コロナウイルス(COVID-19)は感染蔓延期へ入ってきている地域がで始めたようです。
日本は、新型コロナウイルス蔓延の封じ込め作戦に失敗したのです。今後、感染蔓延期に入るとなると、中国ほどではないにせよ一定数、不幸にして亡くなってしまう方がでてしまいます。致死率が0.7%とすると1000人の感染者がでれば、7人は亡くなってしまう計算になります。日本には、アメリカの疾病対策センター(Centers for Disease Control and Prevention:CDC)に相当する部署がいまだにないのが問題です。つまり、感染症の知識が豊富で優秀な先生はいるのですが、系統だった動きがとれていないという恐ろしい状況です。優秀な烏合の衆で、これは機能していないと考えるべきです。いつになったら、感染症対策の特別集団のワンチームができるのでしょうか?

2020年2月22日

新型コロナウイルス感染(COVID-19)の初発症状

初発症状は、発熱(98.6%)、倦怠感(69.6%)、乾性咳嗽(59.4%)、食欲不振(39.9%)、 筋肉痛(34.8%)、呼吸困難(31.2%)、喀痰(26.8%)ならびに咽頭痛(17.4%)という報告をいただきました。
カッコの中の%は、頻度を表しています。
死に至る確率(致死率)は中国では2.8%、100人に約3人ほどですが、
中国以外では0.7%と少なくなっております。
初発症状は、通常の感冒様症状と変わらないところが多く、
「中国」、「武漢市」、「湖北省」、「ダイアモンド・プリンセス号」などの情報があれば疑われるでしょうが、
間違いなく感冒(かぜ)と診断されてしまいます。

2020年2月19日

下船、始まる。恐怖!!!

2月5日からの14日間の健康観察期間が終了したため、大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で隔離されていた乗客のうち、新型コロナウイルス感染が確認されなかったPCR陰性者の約500人の下船が、19日の午前、横浜港で始まったという報道を見ました。
乗客は、待機していたバスやタクシーに乗ってその場を離れたという報道でした。公共機関を使わせる?正気の沙汰でない。
確かにPCRとは、ポリメラーゼ連鎖反応(Polymerase Chain Reactionの頭文字を取りPCR)という手法で、ごくわずかなDNAを材料として、新型コロナウイルスを高感度に検出しうる技術ですが、新型コロナウイルスは喉や肺で増殖しますが、極微量なためPCRでは検出されないことがあります。
この事実を、幼少時から勉強ができてエリートである官僚の方が知らない?もし、知らなければGoogle(ググ)れば、すぐ分かります。検体のとり方が、下手ならば容易に「陰性」です。だから肺からの痰を吸引して、それが二次感染の源となるという不安につながっているのですが・・・。
「絶句」、「開いた口が塞がらない」、「政府は何をしている」、これらが素直な意見です。
各国は、下船した方を専用の輸送機関を用い帰国させ、追加で14日ほど隔離をしているのに、
日本はPCR陰性の結果だけで「大丈夫」と思うこと自体が恐怖です。蔓延させたいのですか?
これでは、日本が第2の武漢市になるのも、そう遠くはないでしょう。
陰性だったものが、実は「陽性」という報道がでるのも容易に想像がつきます。

2020年2月17日

NHK NEWS WEBの引用です。

新型コロナウイルスによる感染症について、厚生労働省はどのような症状の時に相談や受診すべきか、その目安を取りまとめ、2月17日、公表しました。

厚生労働省が示した新型コロナウイルス感染症の相談・受診の目安によりますと、まず相談・受診の前に心がけてほしいこととして、
▽発熱などのかぜ症状が見られるときは学校や会社を休み外出を控え、
▽毎日、体温を測定して記録するよう呼びかけています。

症状が続く人はすぐに医療機関を受診するのではなく、まずは帰国者・接触者相談センターに電話で相談します。そのうえで、相談センターは、必要に応じて専用の外来への受診を調整します。

帰国者・接触者相談センターに相談する目安としては、
▽かぜの症状や37度5分以上の発熱が4日以上続いている人や、解熱剤を飲み続けなければならない人、
▽強いだるさや息苦しさがある人としています。

さらに、
▽高齢者や、
▽糖尿病・心不全・呼吸器疾患の持病がある人や透析を受けている人、
▽免疫抑制剤や抗がん剤などの投与を受けている人は、
感染すると重症化しやすいため、こうした状態が2日程度続く場合も相談するよう呼びかけています。

また妊婦も念のため、重症化しやすい人と同様に早めに相談するよう呼びかけています。

子どもについては、現時点で重症化しやすいという報告は無く、一般の人の目安どおりの対応をするよう呼びかけています。

各地域の相談センターの連絡先は、厚生労働省のホームページに掲載されています。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

そのうえで、相談後、医療機関にかかるときのお願いとして、
▽帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診し、複数の医療機関を受診するのは控えること、
▽医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いやせきエチケットを徹底するよう呼びかけています。

厚生労働省は、「現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザなどの心配があるときには通常と同様にかかりつけ医などに相談してほしい」としています。

帰国者・接触者相談センターとは
「帰国者・接触者相談センター」は、感染が疑われる人からの電話相談に応じる専用の窓口です。

専用の外来は、混乱を避けるため、一般には公開されていません。

相談センターは16日の時点で、全国の保健所など合わせて536か所に設置され、各都道府県で最低でも1か所は24時間対応するようになっています。

2020年2月17日

新型コロナウイルスに関する厚生労働省のホームページ

問14 感染が疑われる場合、どこの医療機関に行けば検査、診療をしてもらえますか?
「14日以内に湖北省または浙江省への渡航歴がある方、あるいはこれらの方と接触された方」ではない場合は、お近くの医療機関を受診してください。
湖北省または浙江省への渡航歴や感染が明らかな方との接触歴などがあり、発熱や咳などの症状がある方については、最寄りの保健所などに設置される「帰国者・接触者相談センター」にお問い合わせください。「帰国者・接触者相談センター」で、武漢市を含む湖北省または浙江省への渡航歴や感染が明らかな方との接触歴などを確認し、発熱や咳などの症状がある方については、「帰国者・接触者外来」を設置している医療機関をご案内します。
「帰国者・接触者相談センター」は、感染が疑われる方から電話での相談を受けて、必要に応じて、帰国者・接触者外来へ確実に受診していただけるよう調整します。
下記のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。
帰国者・接触者相談センターページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

2020年2月16日

企業の対応が、おそろしい!!

まだ感染の報告が武漢市だけであった2020年1月に、各企業は、あろうことか中国の他の地域から帰国した社員を強制的に医療機関に行かせ新型コロナウイルス感染ではないかどうか診断書をもらってこいなどとしておりました。
愚の骨頂です。厚生労働省は「湖北省武漢市」からの帰国者は注意せよということだけを強調しておりましたので無理はないのですが、感染症に対して、ここまで無防備なのかと痛感しました。本気がないというか、ウイルス感染は目に見えないものとの戦いのため、潜伏期間を想定した対応が必要なのです。武漢市以外ならば、本当に安全と言えますか?
中国人の数はとてつもなく多く、それが、無尽蔵に動き回っているのです。すでに、ウイルス保有者は、相当数いると考えるべきです。そして、その全数を完全に把握はできないのです。医療人だから、無防備で命がけで死んでも良いから対応すべきというのは時代錯誤です。中国でも尊い犠牲がでてしまいました。医療する人が、片っ端から倒れていったら、誰が助けるのですか?
まずは、安全を確保したうえで医療を行うのが常識です。
みなさま、宇宙空間に宇宙服もなく出て行けますか?
事故のあった原子力発電所に防護服なく入れますか?

2020年2月15日

新型コロナウイルスの名称決定「COVID-19」

2019年12月の中国湖北省武漢市で原因不明の肺炎が多発しているという報告から、明けて1月7日に、その肺炎の病原体が新型コロナウイルスであることが判明し1月12日に「2019-nCoV」と呼ばれました。
中国政府が封じ込め作戦を展開するにも、患者数の増加に歯止めがかからず、1月30日、WHOは「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」(Public Health Emergency of International Concern:PHEIC)に該当するという宣言にいたりました。
そして、なんと日本の建国記念の日にあたる2月11日、WHOは本病原体を「COVID-19」と命名しました。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ