浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2020年5月31日

現在に至るまでの新型コロナウイルスの動きのおさらい(4月30日のブログの追記)

武漢からの帰国者・旅行者からの新型コロナウイルス、ダイアモンド・プリンセス号からの新型コロナウイルスの感染拡大の阻止はできていた。しかし、イタリア北部と韓国からの入国規制が3月2日、世界からの入国規制が3月19日であり、この間は残念なことに、ざる状態。春休みにアメリカやヨーロッパに行っていた学生や旅行者による感染拡大を許してしまった。そして、魔の3日間、つまり3月20日から3月22日の連休で感染が広がっていった。マスコミも責任があると思いますが、少し気を抜いて良いように思えてしまうような報道の仕方をしていたと思います。2月下旬に出入国禁止など厳密な対策を取らなかったことが一番の敗因ですが、個人的には、「なぜしないのか」と4月30日のブログにも書いたとおりです。政府の対応は、いつも意味不明です。まだ、「安倍のマスク」が届きませんよね。やや値は張りますが、マスクは以前よりも購入しやすくなったのではないでしょうか?さきの大失敗のおかげで、新型コロナウイルス共存時代となりましたが、これからは自粛生活を強いられたときに学んだ生活術をうまく継続することが大切です。無駄を省き、効率よく振舞うことが大切なのだと思います。有効なワクチンができるまで、皆でがんばりましょう。

2020年5月25日

新型コロナウイルス抗体検査(IgM・IgG)をやってみた。

手に入れることができたため、無症状の希望者を集い新型コロナウイルス抗体検査を行いました。私自身も含め、五人だけの結果ですが、すべてが、IgM・IgGともに「陰性」でした。
抗体検査の問題点は、感染した後、数週後に測定しないと十分な抗体が作られていないため「陰性」とでることと、「かぜ」と言われるコロナウイルスにも反応し「陽性」とでることです。
(1)抗体検査が「陽性」でも、絶対に新型コロナウイルスに感染したとは言い切れないから、症状とPCR検査の結果を加えて総合的に「陽性」の判断をしないといけないこと。
(2)「陰性」と出た場合は、だいたいが感染していないと考えて良いが、抗体が作られていない時に測定してしまったがため「偽の陰性」となる場合が、少なくとも存在すること。
(3)無症状の方に、抗体検査をした場合と有症状の方に、抗体検査をした場合の解釈は自ずと変わること。
この3つを理解しておくことが大切です。抗体検査は、はっきりしないなと思われる方が多いと思います。実は、PCRも同じです。白黒はっきりという方には、しっくりこない話と思います。
多くの方が、日本でも新型コロナウイルスに感染してしまいましたが、それでも集団免疫を獲得するには至っておりません。つまり、これからも感染するべく感染します。
新型コロナウイルスに感染すると、無症状の期間に感染を広げるという特徴があります。だから、自分が感染しているかもしれないと思い不要かつ不急な行動は、これからも控える「忖度(そんたく)」「思いやり」が大切です。とうとう緊急事態宣言が全国で解除されてしまっため、招かざる新型コロナウイルスとの共同生活が始まってしまいました。自分を、そして大切な人を守ることができる人は、もちろん、あなた自身です。

2020年5月24日

位置情報

大阪で、新たに4人、新型コロナウイルスの感染者が出ました。うち3人は、感染経路の追える病院スタッフということです。感染は、発症日を含む5日前までの接触者を追う必要性があるので、携帯の位置情報が大切です。今、新たな取組で、中国がしていたような、もしくはシンガポールかな、スマートフォンの位置情報をもとに接触した可能性のある人がわかるアプリが開発されております。早く出ると良いですね。

2020年5月24日

コロナ55

新型コロナウイルス感染者が発症した5日以内までに接触した人は感染の危険があり、逆に、発症して6日目以降に接触しても感染しなかったということでした。そして、呼吸困難、咳など明らかな症状をともなうウイルス性肺炎は8日後くらいに見つかるのですが、このときは新型コロナウイルス自体の感染力は落ちているという報告でした。新型コロナウイルスが直接、肺炎を引き起こすというわけでなく、新型コロナウイルスがいることにより引き起こされた過度の免疫亢進状態(サイトカインストーム)による過度の炎症反応のための肺炎と考えられる所以です。なるほど、炎症を抑える働きのある関節リウマチの薬が効くわけです。発症前の5日間は、症状がない感染者が、動き回ると感染をどんどんと拡大させ、発症した後は、動けないから5日間くらいは家庭内でどんどん感染を拡大させるということを我々は知らなければならない。以前、欽ちゃんこと萩本欽一さんが「コント55」というコンビ名でしたが、これを真似て「コロナ55」とでもしましょう。つまり、発症前後5日は、とても危険な期間という認識を持ちましょう。緊急事態宣言解除→安心→今までのうっ憤を晴らそう→不必要な外出増加→感染拡大ということを心配します。今までどおり「3密」を避けましょう。加えて時間の要素、つまり2m以内の接触は、多くとも15分以内が望ましい。これから皆の気が緩みがちです。これからの日本が、台湾のようになるのかどうか・・・。
このブログを読んでくださっている方には、手に入りやすくなったときには、今後の感染拡大に備えてアルコールやマスクの備蓄をおすすめします。

Hao-Yuan Cheng, MD, MSc et al. JAMA Intern Med. doi:10.1001/jamainternmed.2020.2020 Published online May 1, 2020.
Zou L et al.SARS-CoV-2viral load in upper respiratory specimens of infected patients. N Engl J Med. 2020;382(12):1177-1179.
https://www.med.or.jp/doctor/kansen/novel_corona/009082.html

2020年5月24日

自分の身の安全、は自分で守るしかない。その②

台湾は、ご存知のように新型コロナウイルスの対応が素晴らしく日本とは大違いでした。もちろん国家的な規模が小さいというのもあるのですが。以前、私も確実な渡航制限と14日間の検疫が大切と書かせていただきましたが、これらを台湾は徹底的に行った結果、いち早く新型コロナウイルスの封じ込めに成功しております。政府が制限を解除するにあたり我々が知っておくべきことは、この台湾からの新型コロナウイルスの感染性についての報告です。

Hao-Yuan Cheng, MD, MSc et al. JAMA Intern Med. doi:10.1001/jamainternmed.2020.2020 Published online May 1, 2020.
Zou L et al.SARS-CoV-2viral load in upper respiratory specimens of infected patients. N Engl J Med. 2020;382(12):1177-1179.
https://www.med.or.jp/doctor/kansen/novel_corona/009082.html

2020年5月24日

自分の身の安全、は自分で守るしかない。その①

朝6時のNHKで、今朝も目覚めております。今日は、思わず飛び起きてしまいましたが、明日5月25日に東京を含め緊急事態宣言を解除するという内容です。今、たしかに感染者数は減っている傾向で、この機会を逃すと、この先ずっと解除できなくなるからかと納得しましたが・・・。アメリカと日本は違います。しかし、少なくとも北海道の例や、今、アメリカの24州で制限緩和後に感染が拡大したなどのことを考えると、当院でも2ヶ月前に発注しているN95マスク・サージカルマスク・ガウンなどが未だに入らない状況なのに、医療体制の容量には余裕があるとか言ったり、国民の生命と財産を守ると言っても遅々たる行動しかできず、税金の取り立てはスピード感を持って仕事きっちりの美辞麗句ばかりの政府に愛想を尽かしております。そこで、おすすめの論文をご紹介します。自分の身の安全は、自分で守るしかないですね。

Hao-Yuan Cheng, MD, MSc et al. JAMA Intern Med. doi:10.1001/jamainternmed.2020.2020 Published online May 1, 2020.

2020年5月22日

新型コロナウイルスに感染した関節リウマチの韓国人女性(61歳)

韓国から、新型コロナウイルスに感染した61歳の関節リウマチの女性の経過について報告がありました。紹介いたしますと、レフルノミド20mg、ハイドロキシクロロキン200mg、 メチルプレドニゾロン2mgによる関節リウマチの治療を受けておりました。娘さんが、まず新型コロナウイルスに感染し、そこから感染したという経緯です。関節リウマチの治療は、ハイドロキシクロロキンを残し、あとは中止です。なお、レフルノミドは、今となっては日本ではあまり使用されていないため馴染みがうすいかもしれませんが、日本で処方できる薬です。この方は、経過で悪化して肺炎を引き起こし、ロピナビル・リトナビル(カレトラ)を使用したそうです。結果を申し上げると、治療のおかげか、とてもよく改善し退院できたということです。関節リウマチは、もともと免疫系の不調があり免疫抑制剤も使用している点から、「感染に弱いのではないか?」と言われておりますが、このように新型コロナウイルスに感染しても重篤な状態にならずに退院できたという報告を見ると、勇気がわくと思いませんか?

Jehun Song et al. Rheumatol Int. 2020 Jun;40(6):991-995.

2020年5月20日

関節リウマチの治療を受けられている方へ

新型コロナウイルス感染者がとても多いイタリアの北西部に位置するロンバルディーア州(州都はミラノ)での報告がありました。その内容は、関節リウマチの治療中に新型コロナウイルスに感染した4名、新型コロナウイルスの感染疑いありとされた4名、そして新型コロナウイルスの濃厚接触者5名について、どうであったかです。1人だけ少し酸素吸入を要したくらいで、他は重症化しなかったということです。他、病院に重篤な状態で入院してきた新型コロナウイルス感染者の中に、関節リウマチの治療を受けている者がいなかったとも書かれておりました。飛躍しすぎな発言は、よろしくはないのですが、「関節リウマチ治療の方は、新型コロナウイルスに感染しても重篤な状態にはならない」と、つい口走りたくなります。いずれにしても、日本リウマチ学会からの提言もあるように、今までの治療を自己判断で、やめてしまうと関節リウマチの勢いが上がり大変になるため、感冒症状がなく無症状ならば、今までの関節リウマチの治療は続けていただき、それでも不安なときは遠慮なくご相談ください。
Monti S et al. Ann Rheum Dis. 2020 May;79(5):667-668

2020年5月13日

みんなの努力が、報われております。

日本は、残念ながら真の感染症の専門家と呼べる方の数が、かなり少ないです。小御所会議ですかと思えてしまうほど、こじんまりとしたような方針決定をしているようです。世界と比べてみると、なんだかみすぼらしい感じがしますが、結果を見ると確かに良いです。専門家が偉いのではなくて、日本人ならではの勤勉さで、みんなが一人一人、がんばっているおかげなのです。あんなに歯切れが悪く、曖昧かつ、わかりにくい説明にもかかわらず、みんなが新型コロナウイルスをやっつけようとがんばっているおかげだと言うことを、専門家会議の先生方には、ゆめゆめ忘れないようお願いしたいです。もう少しです。みんなの力を結集して、新型コロナウイルスを、封じ込めましょう。

2020年5月12日

発熱者続出。

本日は、「発熱した」という問い合わせが多かったため、あえてブログに書かせていただきます。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言発令中のため、どうしても自宅待機が長くなっております。これからも、今日のような暑い日には、体温調節ができず「症状がないのに、体温を計ったら38度?もしや新型コロナウイルスに感染したのかも?自宅にずっといるのに、なぜ?」と驚かれることが多くなると思います。家に閉じこもった状況になると、自律神経に狂いが生じます。体温調節も、うまくいきません。だから、水分を1日2リットル(できれば2.5リットル)くらいは取ることと、ラジオ体操を1日3回することをお勧めします。日差しも浴びましょう。今日、調べたデータをもとに私が算出した結果ですが、6月10日まで今の状況を続けることができれば90%以上、新型コロナウイルス感染症を抑えこむことができそうです。しかし、有効な予防注射や治療法がないので完全には無理です。今後のことは、専門家会議の正式発表を待ちたいと思います。いつも思うのですが、専門家の発表は、わかりにくいですよね。それをさらに細切れで報道されるものだから余計わかりにくい。新型コロナウイルス感染者数が減ってきているのは事実ですが、なによりも、命が大切です。大丈夫だという油断は大敵です。新型コロナウイルスの一時的な抑えこみまで、あと1か月少しの辛抱です。
Fanelli D et al. Chaos Solitons Fractals. 2020 May;134:109761.
Giordano G et al. Nat Med. 2020 Apr 22. doi: 10.1038/s41591-020-0883-7.

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ