浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2019年3月6日

関節リウマチ

季節の変わり目のためか、関節痛があると、おっしゃる方が多くなりました。

早期であればあるほど、関節リウマチは治療の反応が良いので是非、ご相談ください。

 

 

 

2019年2月27日

花粉症の季節到来

インフルエンザが落ち着いてきたと思うと、影に隠れていた麻疹・風疹の問題が出て、

そしていよいよ花粉症の季節到来です。

困ります。

千葉県にある測定局である船橋市の東邦大学では花粉飛散数が90個/m3、市原市の千葉県環境研

究センターでは花粉飛散数がなんと824個/m3!!、

成田市の印旛健康福祉センター成田支所で180/m3という状況です。

当院は、花粉症のつらさをよくわかっております。

ともに戦おう。

是非、ご相談ください。

 

 

 

2019年1月27日

インフルエンザ大流行

年が明けたと思ったら、もう1月も終わり。

時が経つのも早いものです。

早いといえば、インフルエンザの流行速度も爆発的です。

この時期は、どこの医療機関もインフルエンザなどで、大変混雑していると思います。

混雑すると、思わぬことが起こるものです。

細心の注意をして日々の診療にあたるようスタッフには指導をしております。

非礼のある場合は、なにとぞご容赦とご指摘いただきたくお願い申し上げます。

2019年1月7日

インフルエンザの流行

1月も2週目となり、インフルエンザA型に罹患されている方を診察することが多くなってきまし

た。

急な発熱の際は、まず、インフルエンザを考えるという時期に入りました。

当院に来院の際は、あらかじめ電話をいただくか1階のインターホンでお知らせいただくと対応を

よりすみやかにさせていただくことができます。

よろしくお願いします。

2019年1月4日

在宅医療

70歳以後、目立ってくる認知症。老老介護は、今や現実です。

誰もがご自宅にいることを望むでしょう。

希望すれば別の話しですが、病状が大変だからといって、闇雲に施設に入所などはどうかと思って

しまいます。

どうしたら、満足のいく在宅医療ができるものか。模範解答を、出すべく奔走しております。

 

 

2019年1月1日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

本年は、診療体制をより充実していきたいと思います。

 

 

 

 

2018年12月30日

インフルエンザワクチン回顧

今年のインフルエンザワクチンの流通不良には大変悩まされました。

今までの経験を生かし、ワクチンを工面し、ワクチンを推奨されている方には注射させていただく

ことができました。

来年は、流通不良にならないように関係各社の方には、がんばっていただきたいものです。

寒さも増しインフルエンザも流行期に突入し、このような状況で、小学生から受験シーズンに突入

です。

受験生を抱えるご家庭では、インフルエンザにならないように細心の注意を払われていることでし

ょう。

当院は、受験生を応援しております。

インフルエンザなど受験に際してお困りのことがあれば、柔軟に対応させていただきます。

 

 

 

 

2018年12月28日

花粉症速報

2019年のスギやヒノキの花粉飛散量を予測するため、花芽の着生状況を確認する野外調査で得ら

れる結果は、とても重要となります。

千葉県では、2018年11月に野外調査が行われ、過去10年の平均並みか、やや多いという予測が

されました。

2018年夏の気象条件からは、花粉飛散量は多いのではないかと思われましたが花芽の成熟状態か

ら、そうではないという予測です。

予測通りに行けば良いのですが、そうならないことも考えつつ診療にあたりたいと思います。

 

 

 

 

 

2018年12月22日

後医は名医

最初に診察をした医師よりも、そのあとで診察をした医師の方が名医とされることをいう言葉で

す。そのときに得られる情報で、診断をしないといけないため最初に診察をする医師は、時間が経

ってから診察する医師よりは情報量が少なく不利な状況にあるのは事実です。

推測ばかりで、闇雲に薬ばかりを処方することは良くないとは思います。しかし、口コミサイトで

の風評被害を考慮して薬をたくさん出すという先生もおられるようです。抗生物質が乱用された背

景は、そこにも原因があります。最初になかった症状が、経過で現れてきて、そして、ああこうい

う病気だったのだとわかることはよくあることです。

だから、診察が大切なのです。刻々と変わる病状に、その都度、対応するのが医療であるので最初

の対応が良くなければ適宜変えていく。

こういう考えで、私は診察をさせていただいております。そして、もし症状が良くならなければ遠

慮なくおっしゃってくださいとお願いしております。

 

 

 

2018年12月15日

インフルエンザ流行シーズン入り

厚生労働省から、インフルエンザ流行シーズン入りの報告をいただきました。

自分が学校医を務める小学校でも、1クラスがインフルエンザのため学級閉鎖となっております。

気道のうるおいが肝心です。

マスクをして、保湿しインフルエンザの侵入を少しでも防ぐようにしてください。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ