浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2021年1月10日

新型コロナウイルスに感染したときに関節リウマチの薬は、どうすれば良いのか?

箇条書きにしますと、新型コロナウイルスに感染した場合は、
非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は継続可能、もし重篤な呼吸器症状があれば、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は中止。
アザルフィジンEN、メトトレキサート、レフルノミド、免疫抑制薬、アクテムラ以外の生物学的製剤、JAK阻害薬は一旦中止。
Arthritis & Rheumatology Vol. 72, No. 8, August 2020, pp 1241–1251

2021年1月1日

謹賀新年

新年、あけましておめでとうと言おうとした矢先、東京都で新たに1300人以上の新型コロナウイルス感染者がでました・・・という報道。
皆が、ほんの少しで良いから、他を思いやることができれば感染拡大はしません。
今、したいと思っている行動が本当に必要なことですか?
ただ、この声は、届けたい人には届かないのです。
なぜなら、海外メディア、国内メディアなどを含め新型コロナウイルスに関する報道を、そういう人は見ないし聞かないだろうし内容も理解できないかもしれないから。
正確な方法で、マスクをするということは、新型コロナウイルス感染から身を守ることにつながりますが、むしろ自分が知らずに感染していた場合、相手に感染させる力を低下させるものです。
マスクは、相手に対する礼儀です。
新型コロナウイルスに感染している人がマスクをせず、相手がマスクをしていた場合の感染率は、70%です。
これが、本当に問題です。マスクをしない人は、我関せず集団行動をするかもしれない。
4人以下でのマスク会食が、何を根拠にしているのかわからないけれども安全だと信じている。手に負えません。
今後も、どんどん感染者数は増えると思います。ただし、手に負えない集団の中だけで増えるわけです。
しっかりしている人は、このブログも読んでくださるでしょうし、クリスマス会や忘年会を、この感染拡大の最中にしようと思いません。Go to 〜などにも、眉ひとつ動かしません。
もらい事故的な感染はするかもしれませんが、新型コロナウイルス患者を受け入れている病院での勤務者でない限り、それほど感染しないと考えられますので過度に恐れる必要はありません。
もし新型コロナウイルスに感染している人がマスクをしていれば、相手がマスクをしていない場合であっても、感染率は、なんと5%です。
さらに、お互いにマスクをしていれば、1.5%という具合で、ほとんど感染しません。
自分が、もしかしたら感染しているのではないかと考え、つねに相手に感染させないようにするのはどうしたら良いかと考える思いやりの心があれば、コロナ禍を乗り切れるはずです。
大学病院時代を思い出すと、年末年始で、夜の担当の場合、12時間勤務で給料は1万円程度です。子供がいても、新年の挨拶もできず家庭を犠牲にして1万円程度です。
おそらく、今も、そんなには変わらないと思います。
医師は、人の命を救うという尊い使命感から12時間寝ずに1万円で働いております。時給に直せば最低賃金以下です。
現在、同僚がコロナ禍のなか、劣悪な環境で働いていると思うと心が痛みます。
戦後の復興において、これからの日本は教育によって人材を育て世界と渡り合わないといけないと、言葉は違うけれども東邦の創立者が言っていた気がします。
日本は資源がないから、人的資源が、唯一の宝であります。
新型コロナウイルス感染者数の10倍が検査を受けた人数です。症状がある、もしくは身に覚えがあるという場合に検査を受けると思いますので、それくらい手に負えない人がいると考えた場合、無責任な人間の数が浮き彫りになり、人的資源しか取り柄のない日本が、すでに人的資源すらないという恐ろしく末期的な状況が浮き彫りになってきました。
内部の不安要素を粛清すれば中華人民共和国は、さらに強大な国家となるだろう。あの国には、その力がある。だから、世界は中国を中心に回るようになってしまうだろうし、日本の行く末は暗くと昨年から不安と憤りを感じているのは私だけでしょうか?
悪いことばかりではありません。新型コロナウイルス感染により、今、日本に何が足りないのかも浮き彫りになってきたため進歩・進化する良い機会とも捉えられます。
今年から、進化の速度がますます早まるでしょう。当院も、進化を遂げております。
もう時間的余裕はありません。しっかりしている人が、一致団結して、どんどん進歩・進化しましょう。それが、日本の未来を切り開く唯一の方法だから。
謹賀新年、しっかりしている人で、良い年にしましょう。本年も、よろしくお願いします。 

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ