浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

院内全面バリアフリー
エレベーター付

浦安駅より
徒歩3分

TEL:047-306-3557 TEL:047-306-3557

浦安せきぐちクリニック(内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科)

【浦安せきぐちクリニック】内科・リウマチ科(関節痛)・皮膚科・泌尿器科
江戸川区近く、西船橋から快速で1駅

047-306-3557

月~金 8:45~12:30/14:45~18:30
土曜日 8:45~14:30 日・祝 休診
※診療時間外はつながりません

院長ブログ

BLOG

院長ブログ

2020年5月1日

日本は、進化していなかった。

「グローバル化、光通信、IT、IoT、オンライン、テレワーク、チャットボット、5G」などと口では言っても、全然整理ができてなくWINDOWSがでてきたころから多少進化したかなと感じるくらいです。説明書を読んでも日本語になっていないし、では英語でと英語の説明書を読んでも英語になっていない。説明書の言語も、コンピューター言語かと突っ込みたくなる。これでは、使える人は使えるしと汎用性がない。コンピューターに精通している人の話を聞いて、「きっと日本語で話しているのだろうけれど、何を言っているのかさっぱりわからない」と感じたことはありませんか?

2020年5月1日

スマートフォンの雑談

新型コロナウイルスの話題ばかりで、息が詰まりますよね。
遠隔診療の際に、私たちも間違って「アイフォンですか?、アンドロイドですか?、それともガラケーですか?」とたずねてしまうことがあります。するどい方は、お分かりですね。つまり、「アイフォンですか、それ以外ですか」とお聞きすべきなのです。アイフォンはアップルコンピュータが開発しているiOSという動かすためのソフトで動くスマートフォンの名前で、アンドロイドはグーグルが開発している、これもスマートフォンを動かすためのソフトの名前なのです。スマートフォンの名前とソフトの名前を同列に聞いてしまっているという間違いなのです。

2020年4月30日

早く、通常の生活に戻りたいですよね。

当院では、1月下旬から、新型コロナウイルスを否定できない症状の方は、いっさい院内にお入れしておりません(検疫の徹底)。不顕性の場合は、どうかといわれると痛いですが明確に方針を打ち立て、方針はぶれずに実行しスタッフにも周知徹底し、遠隔診療も最大限に活用した対策を行っております。PCR検査、抗体検査と話しが広がっていますが、今更って気がしませんでしたか?でも実は、緊急事態宣言を解除するときに、とても重要なデータとなるので、どこまで感染が拡がっていたのかを正確さは多少目をつぶり、知っておこうというわけです。結果を見て、結構拡がっていて、だったら経済活動を再開しても大丈夫ではないかとシュミレーションをするのにとても重要な基礎的な値を得るためのものです。ただし、抗体検査や抗原検査の信頼さは、胡散臭い。

2020年4月30日

日々、整理をすることが大切。

整理という言葉は、個人的にはとても好きな言葉で実践をこころがけております。
休校措置、PCR検査数を増やす、抗体検査をする、マスクにせよ、経済支援にせよ、緊急事態宣言にせよ、急にドタバタと決まっていく感じがして整理ができているとは到底思えない。人を動かすには、指示系統は整理して簡潔に、そして前もって周知し徹底する。そして方針が決まったら、ぶれずに突き進む。そして、感謝。これが大切です。ぜひ、ニュージーランドの首相のような方に、日本の感染症対策をお願いしたいです。

2020年4月30日

今、流行している新型コロナウイルスは、中国からのウイルスではない。

国立感染症研究所の調査によると、日本で現在感染が拡大しているウイルスは欧米から流入した可能性が高いことが分かりました。そして、「ダイヤモンド・プリンセス号」や「中国・武漢からの第1波」も抑え込まれていたことが分かりました。3月末から全国各地で確認されている第2波の「感染経路不明」のウイルスは、ヨーロッパやアメリカからのウイルスで、旅行者や帰国者からもたらされ、数週間で全国各地での感染拡大につながった可能性が高いということですが、中国から広がりイタリアで感染が拡大しているという報道の最中、たしか日本政府は悠長に海外からの渡航者に対して渡航制限はせず、加え2週間の検疫もせず、発熱チェックだけをしていた状況でしたよね。すごく、びっくりしました。「入国させたら、だめでしょう」と思いませんでしたか?

2020年4月27日

病院で実際に治療にあたっている方へ 畏敬の念

直接的に新型コロナウイルスの治療はしておりませんが、新型コロナウイルスかもと電話での相談に追われる日々の私でさえ、診療が終わると結構疲れております。まして、同僚が感染し、その分、自分が働く時間も増える結果、感染の危険度が増し、今度は自分が感染するかもと悲壮感を持ちながら極限状態で働いている病院スタッフのご苦労は、計り知れません。

2020年4月27日

診察時間の短縮にご協力ください。

WHOは「5分間の会話で1回の咳と同じくらいの飛沫(約3,000個)が飛ぶ」と報告しています。
このため、診察時間も、なるべく短かくする工夫をしております。
今、早急に解決しなくて良いお悩みは、後日にとお願いしております。

2020年4月27日

世界最強の政党「中国共産党」の野望、漁夫の利を得る?その4

これから新型コロナウイルスとの戦いは長期戦突入のシナリオとなります。どのくらいかというと、来年の夏まで。
夏の一時収束を見て、海外、たとえば中国、アメリカ、ヨーロッパ、そして南半球からの海外渡航者の受け入れを始めたら悲劇です。かりに夏までに抑えこめていないと、冬にはインフルエンザ+新型コロナウイルスの混合感染、もしかしたら新型コロナウイルスが突然変異を起こして、より難しくなる可能性もあります。こうなると、感染者数が増え、医療崩壊。一定割合の人が亡くなるので、当然、死亡者数も比例して増える。
新型コロナウイルスは、悪くなり出したら、その速度がとてつもなく速いといわれております。
大切な人が、入院したと思ったら亡くなる。大切な人が亡くなるのは、当たり前ですがつらいですよ。
歴史的にみて、第2波は、とてつもなく被害が大きいことがわかっております。
だから、いま、スパッと抑えこもうよ。そしてウイルスのあとに見えない占領のあり方でくる中華人民共和国に備えよう。このままでは、「こんにちは」という挨拶でなく、「Hello」でもなく、「你好」と言いましょうと学校で言われる日が来るかもしれません。良い話といえばイギリスで、新型コロナウイルスワクチンの接種が始まり、うまくいけば秋頃から全体的な接種ができそうだということくらい。アメリカでも同様な話が進行中です。

2020年4月27日

世界最強の政党「中国共産党」の野望、漁夫の利を得る?その3

唖然。この最中、3密である狭いラーメン店は満員御礼、開業中のパチンコ店も大盛況、ホームセンターも大盛況・・・、運動公園は、人だかり、駒沢公園にもランニングする姿を多数みかけ、観光地には他県ナンバー。都内で、歩行者天国実施をしていて、そこに3密を避けましょうと注意喚起の放送・・・。
自分が、知らずに亡くならなくても良かったかもしれない人に感染させてしまっているという自覚の欠如。
だめと言われるとむしろ見たくなる鶴の恩返しのようと以前、申し上げたとおりの予想通り。今のやり方では80%の自粛は無理で、意味がないだけでなくストレスを与えるいるだけ。個人的なシュミレーションの結果、緊急事態宣言の継続は、あと1ヶ月は必須と考えておりますが40%くらいの方は、まあ守れないでしょう。
マスコミの報道のあり方も、今一度、見直すべきなのかと考えております。断片的すぎて、このように皆に伝わっていない。別に他人事としか思っていない。「新型コロナウイルスって何?」「別に、大丈夫じゃねー」みたいな者が、残念ながら多い。国益に背く報道は今の世でも報道できないとは思いますが、すべてを正確に伝えて欲しい。
個人的に知り得ている範囲では、悲観的な話ばかりしかない。
新型コロナウイルスは、かかってからという話は愚かなことで、かからないことが大切。

2020年4月26日

世界最強の政党「中国共産党」の野望、漁夫の利を得る?その2

経済力を背景とした中華人民共和国には、今、まさに絶好の機会が到来しております。
世界を見渡せば、新型コロナウイルスにより収益性の期待できる、いわばお買い得の価値の下がった企業だらけ。
どこを買い占めようかと舌舐めずり。
日本の収益性のある不動産も買い占められ、収益性がある日本企業も買い占められ、第一外国語は、中国語となる日がやってくるかもしれない。ただ、中華人民共和国の知的水準は高く英語は堪能なため、中国語が第一外国語とはならないかもしれない。中華人民共和国は、軍事力でなく、このようなしたたかな方法で世界を易々と手中に収めてしまうかもしれない。日本政府は、スピード感云々でなく国の存亡がかかってきているので、形の違った戦争という危機感を持って企業を守らないといけないと思っております。ぜひ、お願いします。国家存亡の際、経済再生相のちっぽけな金額の議論を聞くにつれ、これは私の勝手な予想が当たりそうで、つい悲観してしまいます。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードし記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。ダウンロードできない方でも、受付で対応させていただきますので、ご心配のないようにお願いします。

このページのトップへ